ようこそ

「英語でも日本語でもスピーチが上手にできるようになりたい!」
「もっと人の前で、自信をもって話せるようになりたい!」
「プレゼンテーション等のビジネススキルを向上したい」

そのようなあなたの夢と目標を、実現させてみませんか?

私達クラブは、東京・品川エリアのトーストマスターズクラブです。
英語・日本語の両方で、語学の勉強にとどまらず、コミュニケーション・リーダーシップ能力の上達を目指します。

JR(京浜東北、東海道線)、東急大井町線、りんかい線の乗り入れる大井町駅近くで、平日、通勤帰りの時間を有効活用してみませんか?

【例会日】 水曜日 (毎月第2、第4、第5) 詳しくは、例会案内ページを参照ください。

(c) 2013 Tokyo International Toastmasters Club
The names “Toastmasters International”, “Toastmasters” and the Toastmasters International emblem are trademarks protected in the United States, Canada and other countries where Toastmasters Clubs exist. Unauthorized use is strictly prohibited.

次回 通常例会 11月13日 

※次回例会は、2019年11月13日(水)です!!

当クラブでは、平日 第2、4、5水曜日の夜に1時間の日本語の部と、1時間の英語の部バイリンガルでスピーチと論評を行います。

ゲストの方もご見学大歓迎です。(通常例会は無料です)。

見学の申し込み等は、お問い合わせメニューから、お願いします。予約無しでも、当日、会社帰りに直接会場に来ていただいても構いません。

英会話を勉強中の方、プレゼンテーションを練習したい方、ビジネススキルを上達させたい方、メンバーそれぞれいろいろな目標を持ってで参加しています。

ぜひ、あなたも仕事帰りにお気軽に見学にいらっしゃってください。

今後の活動予定はMeeting Schedule pageからご確認ください。

 

MEETING REPORT Oct 9th, 2019

Meeting Report (#331)  Oct.9, 2019

by TM S.E. 

[日本語セッション] 

定刻にTM ATさんが開会を宣言し ゲスト紹介(

)を行い、今夜のトーストマスターTM NHさんにコントロールを渡し 和やかに本日の例会がスタートしました。

TMoENHさんよりは本会の今年のスローガンである”One for all, all for one”の言葉の由来などがあり、リラックスした雰囲気が醸し出されています。

次に、今夜の言葉「こつこつと」がTM NKさんより提示されました。毎回TM NKさんの身振り豊かな話しぶりには皆ほっこりとさせられます。

続いて役割紹介がなされました。計時係:TM AOさん、集計係:TM KSさん、

文法係:TM SMさん、例会レポート係:TM SEです。

  • 準備スピーチ#1

Pathways: Dynamic Leadership, Level 1 「リサーチとプレゼンテーション」

タイトル 「あの日の分析」 ...by TM TH  (Time 6’50“)

-約1か月前の例会で「論評」の役割を果たす予定であった「あの日」に急な体調不良が発生し、不参加となってしまった。その体調不良に至る過程と状況をスピーチで具体的かつ説得力を持って分析されていた。耳石の損傷による眩暈、むち打ち症、或いは何らかの原因での過呼吸等が考えられたとの話。病院までは救急車で救急病棟に直行し手当を受けた状況を時系列で具体的に示された。聴衆も臨場感を持って話に聞きほれてました。医師の診断は原因不明との結論で、決して納得いく内容ではなかったが、症状も落ち着て来たの帰宅した由。これらの実経験を分析し 聴衆に次の提案をなされた。➀必要に応じ救急車は使うべし

夜間診療は新米医師が多い事を留意すべし ③You Tubeでの(病気の対応法等)検索も役に立つことがある ④ あまりに心配するより、好きな事(例えば、トーストマスター例会参加や温泉巡り等)をやると気分が晴れるし良い対応策と思うと。

論評者(Evaluator)は TM KKさん  (Time 3’53”)

非常に素晴らしいスピーチであり、次の3点が称賛された。➀タイトルの意外性と導入部の巧みさで聴衆の気持ちを最初から掴んでいた。②リサーチの徹底性が指摘され、耳の構造図を使った説明や、救急病院での会話の描写など聴衆がその場に居たかの如く思える。 ③更に、ビデオやスライド等が効果的に使用されていた。尚、Suggestionとして次の提案がなされた。医師の分析手法や対応についての観察と分析は良く理解されたので、TM TH個人としての原因分析の話がもう少し付け加えて頂ければより完成度が上がると思うと。

  • 準備スピーチ#2 TM HYさん   (Time 7’33”)

Pathways: 影響力ある説得 Level3 #1 「対立の解消について

タイトル 「そのとき、あなたは?

-先月の台風15号が関東直撃し、各地に大きな爪痕をのこしたこと。又、交通手段において計画運休が初めて大々的に運用された事を伝えた。アンケート結果として計画運休には9割が納得しているが、復旧に時間かかったことに4割以上が不便を感じたことなど紹介された。HYさんは会社で総務に携わっておられるようで、台風の際 会社として従業員へ通達し対応してゆくか 関係者で討議し、いかに行動したかを発表。又、その後 意思決定のプロセスを分析し、今後へつなげる話をされた。最後に、聴衆に向かっては「今週も大型台風が来ることが予想されているが、其の時 あなたはどうされますか?」との問いで話を締め括られた。

論評者(Evaluator)は TM JSさん  (Time 2’51”

-タイトルが時節にピッタリしたものであった事を評価する。又、ジェスチャーが魅惑的で聴衆の心を上手く掴んでいた。ストーリー展開は自身の職場の具体例を使ってあり、明確で手に取るように理解できたので説得力があった。尚、リスクマネージメントについてもう少し話をして欲しい気持ちもある。

総合論評のTM AOさんより、各人共に非常に良かった。特に、TMoENHさんの議事進行が滑らかで、和やかな雰囲気作りが素晴らしいと。又、TM HYさんが会社で縁の下の力持ちであることが良く解りましたとのコメントありました。

[ English Session ]

This session started 19:55 which was 5min. ahead of the scheduled time.

The word of the evening was “ Steady” presented by TM BH 

  • Prepared Speech #1 by TM MA (Time: 6’13”)

Pathways: Visionary Communication, Level#1 Ice Breaker

Title: “A curious girl”

– TM MA introduced her younger days of memories. She was a very curious girl who had strong interest in architecture, history, and buildings. So she studied architecture and became an architect for more than 20year. Then, she explained the reasons why she takes part in TITMC. 1) There is a necessity of explaining the public in English. 2) To find the place(or community) where allows the mistakes of her action(s). Because she had been working independently as an architect, so there was no boss nor no commander.

3) In order to achieve the ability to think in English, joining the Toast Masters Club might be a good chance. She also point out that it took 5years before joining TITMC due to find out the spare time and brushing up her English ability.

The evaluator was TM NS (time 3’25”)

-TM NS commented that;

1)Speaker’s attitude seems very stable, confident with good voice control. The usual ice break speaker was shaking and/or rushing, but she looked confident. 2) The explanation of her purpose to join the club was so clearly mentioned. 3) The speech was constructed well. The introduction, body and business background story flew smoothly.

One suggestion added. The speaker was looking at the paper material almost all the time.

If she could look at the audience’s eye more often, the speech could be much better.

  • Prepared Speech #2 by TM TM (Time: 6’53”)

Pathways: “Innovative Planning”, Level#3 “Present a proposal”

Title: “Margin”

-TM MY showed a piece of printed paper and started his speech. He said that the paper has not only the main contents but also marginal things. He insisted it was better to have margin in our life rather than only the main contents. The reasons were as follows;

1) Productivity: He referred to Google research that the productivity of a team be higher when they share each personal information rather than no sharing. 2) Communication:

Marginal things themselves promote additional feelings and communication. He got out Kappa-Ebisen from the bag and started talking. 3) Interest things: The machine is accurate, logical and no mistake. However, there were some of the products which made from emotional feeling could give us additional interest and preference.

The evaluator was TM AT (time 3’10”)

-TM AT commented that;

The speech was easily understood. The speaker gave the conclusion first, then, started the reasons and main contents, followed the conclusion last part. His gesturer with some of the materials like a copy sheet of Garigari-kun Tamagoyaki version(new product), Kappa-Ebisen was so funny and attracted the audience greatly. She suggested that it would be more understandable if the speech included the speaker’s own experience.

  • General Evaluation by TM AO

-She commented that each evaluator did nice job; TM NS made a well-organized evaluation.

TM AT was very professional and cool. She also pointed out that TM TM gave a question to TM AO in his speech intentionally or not. So, she said that TM AT could have react and evaluated his speech by the passionate way.

  • Awarding Presentation

The Best Speaker : TM TM

The Best Evaluator : TM NS

TITMC Meeting #331 has completed with a sense of satisfaction at 20:45 on Oct.9,2019

Today’s attendants were total 18persons(including 1guest-Mr.Okamoto)

MEETING REPORT Sep 25th, 2019

Tokyo International Toastmasters Club #330 Meeting report on Sep.25

[English Session]

Today’s TMOE (Toastmaster of the evening) is TM C.Y.

It was a very big surprise that today’s meeting was the last day for TM C.Y at our club.

He had been joined our club for more than five years, and he contributed to how to improve and increase motivation for our club. We are very grateful for his hospitality and what he had been don for our club.

Today’s meeting was an irregular meeting where English and Japanese sessions were shuffled. However, TM C.Y handled very well and managed efficiently.

Word of the Evening, “Everywhere”(いづこも同じ), was presented by TM M.A.

This phrase is a quote from one hundred people(百人一首).

Today’s 1st prepared speaker is TM N.H.

The speech title is “Do you really own it? – IoT to challenge the philosophy of the modern world-”

IoT stands for “Internet of Things”. She explained how our society will be depending on the IoT world nowadays in the future. IoT is connected to our life, and she smoothly brought up a question who will be ownership of IoT devices and objects, and etc.

She explained very well with a great visual effect material (PPT), and she simply gave a concrete example (owning a car) and explained about this big topic very efficient.

Her speech had strong messages and grabbed the audience’s heart.

The evaluator of the1st speech is TM N.S.

She praised the way TM N.S posture, gesture and eye contact. The content of speech is very interesting and easy to understand even though TM N.S was not aware of IoT well.

She suggested that the name of topic was too long, so it was better to create a short and simple. And it was better to add TM N.H opinion at last parts how she thinks regarding IoT ownership.

[日本語の部]

日本語の部の今夜の言葉は「いづこも同じ」by TM M.A.

本日、2本目のスピーチはTM A.O.

タイトル「祝日物語」

何気なくありがたく祝日の恩恵を受けている我々ですが、なんと「突然現れる祝日や、突然さっていく祝日」があるそうです。

例えば、令和元年になり、1022日(火)は「即位礼正殿の儀の行われる日」になり、今年のみこの祝日があります。 「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」が公布され、施行されたのが18年の1214日だったため、カレンダーに祝日とて記載されていない場合が多いので、約80%の方が祝日と認知していないそうです。(私もその1人でした。。。)

その代わりに12/23に長年「天皇誕生日」と認識していた祝日が、新天皇(令和)の誕生日、来年の2/24に移動するそうです。

また2020年以降、「体育の日」の名称は「スポーツの日」に改められ、2020年だけは「スポーツの日」が、オリンピック開会式の724日に移動するそうです。

2021年以降、「スポーツの日」は10月の第2週月曜日に戻るそうです。(なんだかややこしいですね。。。)

祝日と祝日にある国民の休日も含めて、ころころ変わる祝日のスケジュールは本来の祝う目的より、

経済活性化が優先された結果ではないかとコメントされておりました。

2本目のスピーチの論評者はTM K.S.

聴衆の興味を引き付けるタイトルや、スピーチの所々に「ユーモアがちりばまれていて」非常に聴衆の心を楽しませるスピーチとのこと。

バブル元年、ビックイヤーなど言葉の味付けや伝え方が上手いとのコメントをされました。

休日(皆が興味があるもの)と知らない事実(祝日、増える・無くなる)の対比を上手く説明された点がまたスピーチに旨味を与えたようです。

改善点としては、ストーリーテリングが上手く出来てないのでは?との事でした。情報の伝え方のみで、スピーチの最後の部分で物語風にご自信の意見を付け加えるのも、さらなる面白みが出るのではないかとコメントされておりました。

3本目のスピーチはTM K.K

ワークショップ「真実の瞬間/ Moments of Truth」という事で、4つのグループに分けて議論をして最後に発表をしました。

各自、質問シートにセルフチェックをし、チーム内で議論、その後、各グループ発表という流れ。

まず「真実の瞬間/ Moments of Truth」とはマーケティング概念の1つです。

マーケティング用語としてこの言葉を最初に取り上げたのは、1980年代初頭にスカンジナビア航空のCEOヤン・カールソン氏で、彼が唱えたMoment of Truthの考え方は、同航空会社でお客さまに直接応対するスタッフの当時の平均応接時間が15秒であり、そのわずかな時間にお客さまが判断するサービスの質が同社の成功を決めるというもの。同氏は、この考え方に基づいてさまざまな施策を打つことで、当時経営危機に陥っていたスカンジナビア航空をわずか1年で立て直しました。

トーストマスターズにおける「真実の瞬間」とは? 

入会に興味がるゲストの方々が、Webで検索し、無料体験見学をし、入会して頂き、長くメンバーとして続けて頂ける。はたして東京インターナショナルTMCは、運営方法で何か壁になっている事があるか議論しました。

TeamA – DCPの意味が分からない。Pathwaysのやり方がよく分からない。

TeamB- 会員同士や友達の絆を強める。仕事やスピーチの成功失敗を共有する。

TeamC- 会員の維持、達成認証の改善が必要。Pathwaysの基本説明が必要(助け合い精神で)

TeamD- 多様性があると居ごこちがいい。コミュニケーション。大会出場が必定以上に求められる。

総合論評のH.Y.は、

今回で東京インターを退会されるTMOE, C.Y.の例会の進め方を称賛し、今までこのクラブのために、運営側や会員のモチベーションアップのために貢献して頂けた事に感謝を伝えておりました。

スピーチ論評者の指摘点に同意すると共に、さらなるアドバイスをされておりました。

今日のグラコーTM O.N.がキャッチーな言葉や季節感のある言葉を発表されたのも良かったとおしゃっておりました。

そして、一番のクライマックスである表彰の部です。

受賞された方、おめでとうございます。

The Best Speaker TM N.H.

The Best Evaluator TM K.S.

本日もゲスト3名を迎え、TM C.Yが我らクラブで最後の例会活動と素晴らしいTMOEの進行の元、心温まる例会でした!

記録担当:T.H.

MEETING REPORT Sep 11th, 2019

日本語の部

本日の例会は、日本語→英語の順番です。

最初に会長のTさんからの開会の挨拶で始まりました。Tさん、本日は眼鏡をかけていましたが、「誰も気づいてくれない。」と、最初から笑いを取り例会が始まりました。

「今夜の言葉」を担当したのは、別のTさん。本来の役割の人が遅れたため、急遽5分前に依頼を受けたのですが、「三々五々」という言葉を提案しました。

遅れてきている人が何人かいる例会の状況をそのまま表現しましたという、機転の利いた「今夜の言葉」でした。

最初の準備スピーチはYさん。昨日マニラから帰国したばかりとのこと。

タイトルは「トーストマスターズを続けるべき3つの理由」。その理由は、以下の通りです。

一つ目は、大切であるアウトプットの練習になる。

二つ目は、スピーチにより人前で話す恐怖を克服することが出来る。

三つ目は、確信をもって話すことによりコミュニケーション能力が向上する。

最後に、「最近出席率が悪い自分でもトーストマスターズでのスピーチが大切と思っている。」という自虐ネタで会場を湧かせました。

時間が無かったので、空港でスピーチをひたすら考えたとは思えないスムーズなスピーチでした。

二番目のスピーチは、Yさん。タイトルは「DTMへの道(後編)」。

プロジェクターでビジュアルを映写する予定でしたが、手違いでプロジェクターが届かない状況でも冷静にスピーチを始めました。

ベテランのYさんによる、トーストマスターズが用意している数々のプログラムの紹介となりました。

最後は、「トーストマスターズは、自分の目標を持って、夢をかなえる団体なんです。」といういう言葉で締めくくりました。

次は、日本語スピーチへの論評です。

一人目は、Oさん。

最初のYさんのスピーチへの論評です。良い点は、以下の通りでした。

スピーチの構成が基本を守っており、聞きやすく、分かりやすかった。オープニング、メイン、クロージングがしっかりしていた。

しかしながら誉めるだけではなく、オープニングとクロージングがもう少し呼応している方が良いとの改善点もしっかり述べていました。

二人目は、Kさん

二番目のYさんのスピーチへの論評です。

ベテランのYさんへんは、改善点を中心とした、少し手厳しい論評でした。

専門用語が多すぎる。パソコンを持ってスピーチする必要は無かった。パソコンを持ったためにボディランゲージが無かった。

DTMを取得して何が変わったかを言わないとスピーチの主張が分からない。ということでした。

総合論評は論評者への論評です。Tさんが担当しました。

論評者Oさんへの論評は、まるで映画の解説のようであり、自分の経験を交えての的確なアドバイスであったとの論評でした。

論評者Kさんへの論評は、手厳しい論評で有ったけれども、熱いハートが感じられた。部活の仲間みたいであった。との温かいコメントでした。

MEETING REPORT Aug 28th, 2019

日本語の部の今夜の言葉は「周到」by TM J.S.

本日、2本目のスピーチはTM R.T.
「本当は怖いインターネット」
意識してフリーWifiにつないだりしなくても、
端末のWifiがON担っているだけで、あなたがどこにいて、
住所がどわかってしまうかもしれない危険性と対策を
わかりやすく説明してくれました。
相手が自ら考えて行動に移するよう意思疎通するというプロジェクトの目的に
沿ったスピーチでした。

2本目のスピーチの論評者はTM H.Y.
キャッチーなタイトルや、「穴の空いた鎧で敵陣を歩く落ち武者のような」という
例えが良いと讃えました。オプトアウトのところが専門的で説明が有った
ほうがよかったとコメントされました。

3本目のスピーチはTM K.Y.
「DTMへの道(前編)」
今回は前編として、DTMの教育課程のコミュニケーショントラック
を紹介しながら、思い出深い3つのスピーチの内容を共有いただきました。
その中の一つ「受動喫煙防止法」は、聴衆のなかに何組かの議論を邪魔する人
(喋ってる人、関係ないことを言う人、話をそらす人等)を仕込み、
ファシリテーションをするというスピーチ。数人の邪魔者のはずが、
ノリノリになったメンバーのせいで、全員が邪魔者になってしまった。。。。。
という懐かしい逸話でした。(そんなこともありましたね。)

3本目のスピーチの論評者はTM K.A.
DTMの複雑な教育課程を「40本のスピーチ」とわかりやすく紹介していた点や、
スピーチを通しての気付きをメンバーに共有した点を良かった点として挙げました。
後編への、盛り上げを付け加えると更によくなるのでは、とアドバイスされていました。

総合論評のTM N.H.は、2本目のスピーチの論評者のTM H.Y.の指摘点に同意すると共に、
スピーカーは論評者の言ったことをメモしながら聞くと思うので、もう少しゆっくり話したほうが
いいのではと指摘しました。また、3本目のスピーチの論評者のTM K.A.に対しては、
TM K.Y.の背景説明も加えていたのが良かったと述べました。
また、例会全体に対しては、 TMOEのTM T.M.のタイムマネージメントの良さ、
テーブルトピックスマスターTM N.S.の季節感有るお題の良さに言及してました。

The Best Speker     TM.R.T.
The Best Evaluator TM.K.A.
The Best Table Topics Speaker TM M.Y.

このあと
新メンバー M.A.さんの入会式が執り行われました。
入会にあたっての一言で、このクラブの例会で、
いろんなメンバーのスピーチを聴いて、
なかなか会えないこの瞬間に出会えるのは
素敵なことだな、とコメントされていたのが印象的でした。

本日もゲスト3名を迎え、賑やかな例会でした!

Written by K.S.

MEETING REPORT July 31th, 2019

Meeting Report for the TITMC Meeting #327 31st July 2019

<日本語の部>

夏本番、ムッと蒸し暑い一日。この日は出席者が少なく、場内は沈黙気味…。そんな空気を汲み取り、「今皆さんの気持ちは一つ。暑い、そして人が少ない!」と笑いを誘うTM A.Tの言葉で例会はスタート。TMOEは安定感抜群のTM K.A、ゲストは2回目の参加となるAさん。

今夜の言葉はTM A.Oによる「事ほど左様に」。ラジオのパーソナリティが使っていたそうで、「前述のとおり、これほどに」といった、物事を纏める際に使う言葉だそうです。

日本語スピーチ#1:TM H.Y 「カエルの子は…」

以前、他メンバーが元上司を「熱血メンター」と語ったのに対し、自分の上司は不甲斐なくメンターでなかった、そしてカエルの子は結局カエルなのではないか…と声を落とすH.Yさん。しかしその後「出藍の誉れ」という言葉を引合いに、メンター/プロテジェが積極的に関わり合い、より良くなろうとすることを提言。そうすれば、カエルの子がオオサンショウウオに化けるかも(!?)と、希望を示すスピーチでした。

評価者:TM N.Sによる評価

声のトーンに自信があり、抑揚で聴衆を惹き付けた。また、熱血メンターvs不甲斐ない上司、カエルの子はカエルvs出藍の誉れ等、対比を上手く活用していた。後半もスムースさを失わないようにし、提言の際には具体的な内容を言うと、より良かった。

日本語スピーチ#2:TM T.M「給食トリビア」

「今日はくだらない話です」と断りながら、いきなり「ご起立ください」と全員を立たせたT.Mさん。「パンとご飯どちらが多かった?」「牛乳は紙パック?瓶?」と二択を出し、聴衆を右へ左へ移動させてはトリビアを披露していきます。そして最後はゲストに向け、二次会という名の「大人の給食」を宣伝。給食から世代・地域・そして生き様まで見えてくるという、ユニークなスピーチでした。

評価者:TM K.Sによる評価

一見ふざけているようで、目的にきっちりとハマった内容。聴衆を移動させるという手法はinnovativechallengeもあった。「給食」という共通項から、皆が忘れていた記憶を呼び覚まし、深いゾーンへと誘う方法は、馴染みのない聴衆でも十分通用する。牛乳パックの実物等、ツールがあると尚良かった。

テーブルトピックはTM N.Hによる出題。「トイストーリー4」を観て子供時代を思い出したということで、「思い出」にまつわるお題をチョイス。

1.捨てられない思い出の品と、それにまつわる思い出を教えてください。:TM K.M

断捨離が得意で、捨てられないものはあまりないが、大学時代は友人とよくキャンプに行き、ビデオを撮っては編集をしていた。そのテープは今も捨てられない。

2.過去に影響を受けた作品(ジャンル不問)について語ってください。:ゲスト Aさん

宮本常一の『忘れられた日本人』。日本にもこんな知らない世界があるのか、と感銘を受けた。「その町を知るには一番高い所から見なさい」という言葉があり、旅行の際は必ずそうしている。

3.あえて「昔はよかった、何故なら~…」を語ってください。:TM K.A

あえて言うなら、働かなくて良い、通勤電車もない、自由時間が沢山ある。昔は「やらされている」ことはなかったように思う。ただ、実はそんなに昔のことを覚えていない。

4.退職した後は、故郷に住みたいか?別の場所に住みたいか?:TM G.K

子供のころは米国にいたが、親は転勤が多く14回移転した。その中でミシガンが最も「故郷」に近いと思うが、退職後に住みたいかと言えばNo。とても寒いから。日本は住みやすいと感じている。

総合論評者はTM G.KTM N.Sの論評に対し、スピーチの中の対比に気づいた点を評価。改善点を指摘する際に申し訳なさそうな様子も見られたが、論評者として強く言って良い、とアドバイス。TM K.Sの論評に対しては、内容がスピーチ目的に合致していることを見抜いた点を評価。その鋭さなら、改善ポイントもよりハイレベルなことを言えたはず!と、更なる洞察を促すコメントでした。

日本語セッションは定刻通り終了し、10分のコーヒーブレイクへ。しかし、場内は相変わらず沈黙気味。そんな中…?(English Sessionに続く)

<English Session>

During the break time, TM R.T played jazzy coffee-shop-style music with her smartphone to relax the silent atmosphere. Nice way to change the circumstances!

The Word of the Evening for English session was “Once in a blue moon”, a very poetic expression which means “very rarely” or “not often”.

English Speech #1 “Where is the water?” by TM A.O

TM A.O, the great magician of TITMC, introduced that he joined the TMC in order to brush up his communication skills to interact with his audiences. He proved what he acquired through his TM life by performing a magic using 3 cups and a bottle of water, with a lot of jokes and fun. At the end of his speech, he reminded everyone that TMC is a safe place for practicing, for any kind of expressions.

->Evaluator for TM A.O’s speech was TM A.T.

TM A.T evaluated TM A.O’s speech was full of his passion, and the construction was superb as well as the level of inspiring audiences. Her suggestion to him was to involve the audience more and make the performance interactive, for example by letting audience to join the magic.

English Speech#2 “How to describe “Mentor” in Japanese?” by TM K.K

TM K.K described that he didn’t know what the word “mentor” exactly mean. When he googled the translation of “mentor” in Japanese, he only found “mentaa”, and even the visual images of the word on Google didn’t help him. But finally it came home to him that mentoring was what he experienced through TM activities, such as being helped by senior members, or helping other members. The answer was not on Google, but in his mind.

->Evaluator for TM K.K’s speech was TM K.M.

TM K.M pointed out the good points of TM K.K’s speech such as (1) effectively used body languages, (2) match to the speech objective, and (3) well organized story. He suggested that it would be even better if there’s any episode regarding mentoring in the speaker’s school days.

General Evaluator was TM G.K. He praised TM A.T for find out the passion point and objectives in TM A.O’s speech, while pointing out her suggestion may not be suitable if the speech was for competition, not for regular meeting. For TM K.M, he described his evaluation was a great complements for TM K.K’s speech, though his suggestion was not quite realistic, since TM K.K didn’t meet mentor in his school days.

Regarding the meeting overall, he made 2 suggestions; (1) be careful not to choose negative/abusing words, and (2) it might be fair to change the timing of General Evaluation, since the evaluators for the second half session can take in what General Evaluator suggested in the first half session.

This night’s Best Evaluators were TM K.S & N.K, Best Table Topic Speaker was TM G.K, and the Best Speaker was TM K.M. Congratulations to you all!

 

 

 

 

Finally our dear Guest, A-san made a comment in English. She showed how she worked hard to study English and expressed her excitement to be able to attend the TM meeting. It was a very moving speech to all. Thank you!

MEETING REPORT July 24th, 2019

今日の言葉は「砌(みぎり)」 彼女が礼状を書くにあたり見つけた言葉としてみんなに

紹介したいとした言葉で参加者は「勉強になった」って感じでした。

スピーチ#3 紡がれるもの

当クラブの歴史について説明、創生期から有名なチャンピオンが出てメンバー数が増えた好調な時期、そしてメンバー数が激減して存亡の危機があった。 そういった波乱万丈はあったが、このクラブには危機が訪れた時にはメンバーが一体となり宣伝活動やいつでも代役がこなせるように準備しておくなどお互いにカバーする姿勢があった。

このクラブには潜在的にそんな“紡がれるものがある”とても良いクラブだと語った。

表彰式後、1名の入会者がありました。 明るく笑顔で前向きなスピーチを行いメンバー

から暖かく迎えられた。

最後に、当クラブのメンバーが2018年ディストリクト春季大会の照明、音楽、翻訳に貢献したということで、ディレクターからそれぞれの役をこなされた3名が表彰されました。 

ディレクターが表彰後にスピーチをしました。 ご自身は入会間もない頃に勇気を持って全国大会に参加したことで世界大会にも参加することになり、自分の人生が良い方向に

変わったそうです。 みなさんも大会に参加してみてはどうでしょうかという話でした。   

今日もレポートに書ききれない程の前向きにしてくれるようなスピーチ、コメントに満ちた例会でした。 

以上、

MEETING REPORT Jul 10th, 2019

梅雨空の続く平日夕方、開始直前にメンバーが駆け込みでやってきました。

新会長TM A.T.は会長として初めて開会の辞を述べました。あまりハードルを上げすぎず、リラックスして運営していきたい、とのことでした。

今夜のTMOE(司会)はTM N.Y. 外は曇り空で肌寒いが、例会の雰囲気を温めていけるよう努めます、と意気込みを語りました。

今夜の言葉はTM G.K. 久しぶりの登場で、職場で答えのない問題に取り組んでいることから、「不確定」を選びました。

準備スピーチ1

スピーカーはTM T.H.  タイトルは「ムーンショット」でした。

前回のスピーチでは「スーパー銭湯でストレス解消している」と話していましたが、仕事がうまくいかず、大きなプレッシャーを感じているそう。

そして、そんなときはスピーチもいいお題が思いつきません。餌を探すネズミのようにきょろきょろし、空を見上げてみるものの、生憎の曇りでさらにテンションが下がってしまいました。

そんな折、お台場のマンモス展に息子さんと出かけ、神秘的な展示に圧倒されたそう。

そこで、5500万年前から地球上に生息していたマンモスの進化の過程も知ることになります。

なんと、巨大なマンモスは、元を辿ればネズミだったというのです。また、マンモスも大きさや形が様々で、多様な進化を遂げたのでした。

そこで、TM T.H.は、自分も、今はネズミのようにキョロキョロとスピーチのネタを探しているけれども、いつかマンモスのように多様な進化を遂げ、笑いを取ったり、癒しのスピーチを披露することができるかもしれない、と考えました。

タイトルのムーンショットは、ケネディ大統領が不可能と言われたアポロ計画を成功させたことから、無理だと言われたことに挑戦していくことを指すそうです。

TM T.H.は、

様々な出会いや発見から人は学び、成長できます。あなたもムーンショットを売ってみませんか?

と結びました。

スピーカーはちょっとお疲れのようでしたが、聴衆は元気をもらえるスピーチだったと思います。

準備スピーチ2

スピーカーはTMA.O. スピーチタイトルは「『どこでもドア』は何故ユニバーサルデザインでないのか」でした。

どこでもドアをよく見ると、ドアノブが開け辛い丸形になっています。TMA.O. は、ドラえもんは2129年からやってきているのに、不思議なことだと考えていました。

これはドラえもんの放送が始まった1960年代にユニバーサルデザインのコンセプトがなかったからです。

「え~、ここからは映画の話です。」と突然話は映画に飛びます。

映画の中には、ドラえもんと同じように未来の話なのに道具はローテク、というものが度々登場します。

例えば1979年公開の「エイリアン」は2122年の設定ですが、宇宙船のモニターは厚みがあって、色数も少なく古い印象。一方、「エイリアン」の前日譚として2089年という設定で制作された「プロメテウス」という映画に登場する宇宙船のモニターは、薄型で表示できる内容も多く、”未来”の装置より新しく見えます。

こうした違和感のある作品がある一方で、見事に未来を予言した作品もあります。

1968年に公開された、スタンリー・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」が好例です。

こちらもSF作品で宇宙船が登場しますが、内装のデザインは空間を横に使用しており、シンプルで、2019年現在からみても、近未来的な印象を受けます。

また、 宇宙船をコントロールするAIはカメラのみであらわされ、ディスクにデータを保管する様子が描かれているのです。さらに、タブレットや宇宙食まで登場していることには驚かされます。

ここで、TMA.O.は「Simple is the Best」で、シンプルなもののほうが時間が経っても古く見えない、と結論を述べました。そして、「今日の講義はここまで」と結んでいます。

目の付け所がシャープなスピーチで、楽しい映画の時間でした。

論評1

最初のスピーチへの論評担当はTM A.T.でした。

良い点3点と、今後へ向けての提案が1点を述べました。

まず良い点として、導入から自然に本題に入っていくシームレスな話の運び方を挙げました。

今までのスピーカーのスタイルからは異なる話し方ですが、いつの間にか話に引き込まれていた、と述べました。

2点目は以外な展開で期待を良い意味で裏切る構成を挙げました。まさかストレスの話からマンモスになるとは。

そして最後に、ストレスフルな中でも聴衆をクスっと笑わせるユーモアを忘れなかった点を称賛していました。

改善の提案は、結論部分が聴衆への提案になっているので、スピーカー自身がどんなムーンショットを打ちたいのかを伝えると、より印象深いスピーチになるのでは、と結びました。

論評2

2人目のスピーチへの論評者はTM K.A. でした。

まずタイトルが秀逸、と言及し、ドラえもんとユニバーサルデザインという目の付け所が良く、最初から聴衆の笑いを誘っていた、と述べました。

論評者の知っている駅にどこでもドアがあるが、ドアノブに着目したことはなかったそう。

そこから一気に映画の話にもっていき、3つの映画を比較していましたが、様々な場面を取り入れて比較しており、結論の「Simple is the Best」を説得力のあるものにしていた、と言います。

改善点としては、映画の制作年と作中の年代がそれぞれあって混乱しやすいので、作中の設定年度で並べたほうが聴衆が理解しやすいのでは、と述べました。

総合論評

TM T.M.は、スタートは人が少なく、アサイン等大変だったでしょう、と司会者をねぎらい、そんな中でも見事に割り振りを行い、進行していたことに対し、感謝を表しました。

論評者への論評では、TM A.T.に対しては模範的な構成であり、安定感があって、余裕を持った語り口で、安心して聞くことができた、と語りました。

また、TM K.A.に対しては単刀直入な評価から入り、小話を挟んで論評をしており、こちらも安定感があった、と言います。ただ、ベテランの会員なので、もっと分析できたのではないか、とも述べました。

最後に、皆全体的に会場の右側に立ったまま話しているので、もっと会場を広く使いましょう、と結びました。

 

 

MEETING REPORT June 26th, 2019

<English Session>

Today’s TOME TM O started the session with the quote of “ when in Rome, do as the Romas do”, in light of this quote, he speaks British English in London, speak American English in NY and Japanese English in Tokyo, so he humorously mentioned to speak Japanese English today.

After his funny introduction, TM S selected the Word of the evening which is Tasteful, he encouraged to use the word.

English Speech #1

The first speaker TM M, his point was to compare the objectives of CC manual and Pathways,

CC manual is based on skilled based objectives, it enables us to step forward one by one, whereas Pathways’ objective is more goal -based one, it just shows the goal, so it requires us to set our own milestones in the middle of the way to the goal, so that we can achieve the mile stone and lead to the final goal.

Table topics followed the speech, which was led by TM Y, he kindly took this role to fill the canceled English speech session. His topics were quite interesting like when do you quite driving car, which is quite controversial topic nowadays, and another topics were what do you do in rainy
season and how the new year resolutions going. Each topic was quite timely theme and every speaker talked with a lot of their insight.

Evaluation for English Speech #1

Evaluation for #1 by TM K pointed out two positive ones and one suggestion. Positive ones was, well organized structure and unique insight like setting the personal goal in the midway and suggestion was to show a bit more specific example so that help us to convince the difference between CC manual and Pathways.

General Evaluation

General Evaluation by TM S was to highly appreciated TMOE O to establish the relaxed atmosphere with his humor in the introduction and flexible support by TM Y to lead the Table topics to fill the slot.

<日本語 セッション>

日本語スピーチ #1

今日の言葉は、“ 趣がある “ という言葉。梅雨に入りすっきりしない天気が続くが、このような時期でも、緑雨、青葉雨といった雨の中に緑が映えるような趣がある使い方があり、このような表現の使用を勧めた。

日本語スピーチ#1

スピーチ#1は、TM Aさん。

スピーチタイトルは、泣きたい気持ち A編。こちらのタイトル、数回前の他のTMのスピーチを引用しつつ、自分独自のアプローチでスピーチを展開。キャプテン翼をテーマに笑いあり、そして涙(?)あり、臨場感のあるジェスチャーあり、の展開に引き込まれた。

日本語スピーチ#2

日本語スピーチ#2は、TM Oさん。

スピーチタイトルは、ジェンダー。ジェンダーとは、性別だけではなく、社会的心理的(文化的)性別という意味合いがある。女性には決定権がない、女性の社会的地位向上という観点で、日本の男女格差指数では、111位。ウガンダは、61位。政治と経済の参加率で日本は男女差が大きく、ウガンダの外務省は、ほとんど女性。日本は、結婚、出産を機に退職する女性が多く、この課題解決が必要。

日本語スピーチ#3

スピーチ#3 TM Sさん。

スピーチタイトルは、もうここらでよか。CCマニュアル最後のプロジェクト。

歴史・教養シリーズ ということで、江戸開城 西郷隆盛と勝海舟の会談で、江戸総攻撃が中止になった歴史的史実より、リーダーシップ・誠実さ・外交力の重要性を説いた。リーダーは、私利私欲を持ってはいけない。

日本語 評論#1

スピーチの目的にきちんと適合しており、とても聴衆との一体感の醸成していた一方で、もう少し、情熱と冷静の区分けをしっかりすると、より情熱的なところを更に盛り上げることが出来たのではというコメント。

日本語 評論#2

スピーチの構成、自分の体験という導入部、数字の裏付け、トピックスの選び方、皆が興味があるテーマ選定、落ち着いた語り口、声も通りやすかった、一方で、もう少し自分の提案・想いがあれば、さらに良かったという論評。

日本語 評論#3  

歴史の話術というお題に対して、シンプルにしっかりした考え方にもとづいている。

ボディランゲージや声の抑揚に加え、具体的な描写が聴衆にも具体的にその場をイメージしやすかった。

総合論評 

各自、論評も個性的で、論評が、初めてとは思えないものもあれば、経験豊富な鋭い指摘の論評、また、スピーチの目的との適合性という視点での論評もあり、多岐にわたる素晴らしい論評であったことを評価。

本日も参加した皆さんの積極的な姿勢・急なアジェンダ変更にもかかわらず、柔軟な対応により、有意義な例会となった。皆さま、有難うございました。