MEETING REPORT Feb 26th, 2020

The first half was English Session.
There were fewer attendance than usual, but today’s meeting was
surrounded by a lot of smiles than usual.
TM A.T. our presidents started today’s meeting with a topic of her visit
for Cat cafe, NECO CAFE in Japanese.
That turned our fear of feeling of various trouble into a happy feelings.
And today’s TMOE(Toastmaster of the evening) TM N.H. said she was being
so shocked
 because of a little incident a few days ago, but she was good seeing
everyone this night and she came to feel very happy.
Thanks to her positive narrative, we also felt encouraged by her and
the atmosphere of the meeting has softened.
TM N.K. selected the word “LEGEND” as ‘Word of the evening ‘ after “King
Kazu” (he is a famous football player)
because Feb.26 was his birthday.
Prepared speech #1
First speaker was TM R.T..
Her speech title was “Mindfulness”
She sang a song and showed off the story about her father who encounterd
a bear.
Through experience of his depresssion from sleeplessness,she introduced
us about ‘Mindfulness Meditation’.
She demonstrated simple execize that can be done while sitting on a
chair and let us experience together.
We shared a chill vibe and we could truely relax.
Her evaluator was TM J.S..
He firstly pointed out about the introduction part, in which TM RT used
body language and props
(grabs looking like bear hands) effectively to attract the intention of
the audience.
Then, he praised TM RT’s preparation of the speech (writing out some
technical term before the speech)
 and also her workshop session, those were effective way to help the
audience to understand her speech quite well.
As a slight suggestion, he advised TM RT to spent more time and speak
slowly to make audience feel relax.
Prepared speech #2
Second speaker was TM R.K..
Her speech title was “You Are Russian from Today!”
This speech project was “The humorous Speech”
She talked about her ballet teacher who had told TM R.K. “Now,you are
russian from today!”
when TM R.K. just started ballet.
“No way.I’m not Russian!(ロシア人であるわけないじゃん!)
With the feelings of those days,she talked us the story humorously.
After a while, she had finally understood the meaning of what her
teacher was saying.
Showing the example of good and bad ballet arm position,she conveyed us
the answer she had found .
Be aware of your posture, you can show yourself like a Russian even if
you are Japanese.
Her evaluator was TM K.S..
He praised she truely entertained her audience with contents itself.
Especially ,her title and opening introduced all of us into her elegant
ballet world.
And as second good point ,he mentioned about example of ballet posture.
He also mentiond the knowlege about how to show bodylanguage effectively
is her strong point and adapting it for her body language reinfoce her
speech more and more.
General evaluator TM N.K. praised TMOE TM N.H. greatly managed to time
schedule and role assignment.
後半は日本語のセッションです。
今夜の言葉としてTM
N.K.が選んだ言葉は『ほっこり』。本日の例会の雰囲気をよく表した言葉です。
今回は普段と趣向を変えて、ゲーム形式の特別セッションをTM
K.S.が司会進行しました。
3人対3人のチームに分かれて、”スピーチゲーム”というカードを用いて、
自分が手にしたカードの絵に合わせて3人が話をつないでいき、その完成度を競います。
最後の”トリ”をとる話者が、メンバーのカードは見ずに最初にタイトルを発表し、
それにメンバーが即興で話を合わせていくのがミソです。
また、各チームの論評者二人もカードの絵を用いて論評を行います。
ハロウィンのディナー例会の時も、飲みながら同様のスピーチゲームをしたのですが、
突飛な展開&ちょっとグダグダ気味のストーリー展開だったので、今回はどうなることやらと興味津々でした。
まずは、チームA。つけたタイトルは『幸せ』
砂漠のような風景のカードを見せたTM R.T.
次に選んだちょっと泣き顔のジョンの顔。
砂丘のような黄色い風景は、実はなんと”花粉”。
花粉症だー怒涛の物語の始まりです。
家に閉じこもって寂しい時に手紙で出会ったトーストマスターズ。
みんなからケーキと小箱のプレゼントをもらいました。。。
お、ゲストのTさんが、とても美しいストーリー展開にして、TM J.S.につなぎます。
秘密の小箱には、ふしぎな鍵が。
なに?と思ったらその鍵で別のプレゼントを開けると
ブタがでてきて・・・食べたちやつた。(一同、えっ?!)
次の箱を開けたら、今度は鳥もでてきてたべちやつた・・・焼き鳥でたべちゃった(やっぱり?!)
最後にでてきたのは・・・・・(ナイショ)!!!
しあわせとは、こういうものだと、最後はきれいにまとめた話でした~。
チームAの論評は、TM N.H.
。しっかりと起承転結のある話の構成があったことをよい点としてあげました。
特に、最初の花粉症のつかみが効果的であったと褒めました。
また、TM
N.H.自身もカードをしつかり使って”足がでたな”とか、フィードバックのフレーズに巧みに
合わせた論評を披露していました。
続いて、チームB。つけたタイトルは『トンネルを抜けると』。
大学生になったA子さん。博多から単身上京。
(カードを見せながら)そんな時、母からもらった手紙が支えでした。
TM A.Tは、けなげな話を展開しました
話を引き継いだゲストのOさん。前向きだったA子さんが、やがて
家を手ににいれ、彼も手にいれ手幸せに・・そして城まで。。
これまたきれいなストーリー展開でTM R.K.につなぎます。
ただでは終わらせないのは、さすがベテランのTM R.K.・・
でも、権力持ったら、人は変わるもの。。。。
いつのまにか母の手紙も顧みず捨ててしまい、
やがてすべてがうまくいかなくなつて、やさぐれてしまいます。。。
と思ったそんな時、トンネルからかすかな光明が。。。
捨てたと思った母の手紙がでてきて・・・・(これもナイショ)!!!
データとして消えてしまうEメールとちがつて、紙の手紙はいつまでもなくならないもの、
素敵なメッセージでした。
論評のTM N.K.さん。耳のカードを使って”聞き応えある”とコメント。
お酒のカードを使って、飲んだくれて、やさぐれたころを表現するなど、
二枚のカード、4つの絵を使い切っての論評さすがでした。
今回は、意外と美しいストーリー展開で、タイトルにもぴったり適応。
さすが、素面(しらふ)!前回は、やっぱり飲んでいたせいなのね。
また、2分以上話さなければいけない制限に、以外と皆が時間が余って
まだ時間あると慌てて付け足した蛇足で、意外なストーリー展開になる場面が多々あり
面白さが倍増してたところが発見でした。
会長のTM A.T.は改めて今日のTMOEの素晴らしい司会を称えました。
今日は二人のゲストさんにも参加していただき、いつにもまして
参加メンバー全員が楽しめた素敵な例会でした。

MEETING REPORT Feb 12th, 2020

[English Session]
English Session started on time at 19:00, by the Gabel of our President, TM AT.
President AT introduced today’s guest, and introduced TMOE, TM RT.
TMOE RT started English Session very warmly.
At first, helpers introduced their roles;
Word of the evening “ADORE” was introduced by TM KS, followed by the introduction of Timer by TM AO, Vote Counter by TM KS, GRAHCO by TM MA, and Meeting Reporter by TM RK.
Next, one of the most exciting session, Prepared Speech Session has started.
Prepared Speech #1
Competent Communication Manual #8 “Get Comfortable with Visual Aids”
Title: “How to Take Photos ~ for Beginners ~” by TM AT (Time: 7’30”)
This project is to practice using visual aids effectively while making speeches/presentations. 
TM AT talked about 3 tips for beginners to take nice pictures; “boke”, “brightness” and “color temperature”. She showed us nice pictures she took, and we could feel that it is not too difficult to take better pictures in our daily lives.
Evaluation by TM NK (Time: 2’57”)
TM AT’s explanation was very easy to understand and we felt like we can take good photos. To make this speech more effective, it would be great if the photos on the slides were much more bigger, and adjust background colors based on the atmosphere of each photo.
Prepared Speech #2
Pathways: Persuasive Influence: Level 2 #2 “Active Listening”
Title: “Hey, Mr./Ms. President!” By TM NH (Time: 7’30”)
This project includes handling a Table Topics Session in the speech. TM NH suggested to make a new Toastmasters Club “Tokyo International Doggies and Kitties TMC”, and held “Club President Elections”. TM NH appointed 3 “candidates” and let them to make election speeches.
Special Version of Table Topics Session
Q1 What is one original rule of this club?: TM TH “Let’s bring our dogs/cats to the meeting!”
Q2 How do we get new members?: TM MA “Welcome guests with nice foods!”
Q3 What is your passion to dogs and cats? TM TK “Prepare toys for animals!”
The result will be announced at the end of the meeting.
Evaluation by TM RK (Time: 3’10”)
Topic was interesting. Organizing Table Topics Session within 7 minutes is almost impossible, but TM NH handled this session with 3 speakers very well. Great time management. It would be greater if TM NH commented on each speech, not only summarizing what the speaker had said.
General Evaluation by TM TH
Both of the speech evaluators were commenting on details of each Prepared Speech, with timely topics.
[日本語セッション]
後半の日本語セッションはTMOE RTさんの声がけにより時間通りに開始されました。
KSさんによる今夜の言葉「焦がれる」に続き、それぞれの役割担当者が紹介されました。
計時係はNKさん、集計係はKSさん、GRAHCONHさん、例会レポート係はRKでした。
準備スピーチ#1
コンテストスピーチ
タイトル「リターンマッチ」by HSさん(時間:7’30”
エリアコンテストで実施するスピーチのリハーサルでした。ご自身の学生時代のご経験から大人になった今へと続くエピソードを、HYさんならではの独創的で暖かい口調で話されていました。
論評者:MAさん(時間:3’16”
Toastmastersのコンテスト審査基準に沿った論評でした。YHさんがスピーチ中に使う表現は、愛のある美しい言葉が多く、感銘を受けました。
準備スピーチ#2
コンテストスピーチ
タイトル「メメントモリ」by KAさん(時間:7’30”
こちらもエリアコンテストで実施するスピーチのリハーサルでした。大学時代に出会った言葉のエピソードから、時間を経て学んだ教訓について、静かでありながら情熱的な語り口でお話しくださいました。
論評者:AOさん(時間:3’20”
本番も今回のように!タイトルの「メメントモリ」含め、カタカナ語が多く登場するので、カタカナ語のところは意識してはっきり話すと聴衆に伝わりやすいと思います。
総合論評 THさん
お二人のスピーチを聴くのは2回目なので、感動は半減(笑)しかし、お二人ともパワーアップしていました。論評のお二人も、細かな所に気を配って論評されていたのが良いと思いました。
表彰
・ベストスピーカー/Best SpeakerNHさん
・ベストテーブルトピックス/Best Table Topics (President of the new TMC!?)THさん
・ベスト論評/Best EvaluatorAOさん

MEETING REPORT Jan 8th, 2020

  • <English Club Contest>
    We held a club contest of speech! 3 English speakers and 3 Japanese speakers
    tried it!
    Contest Chair of English was TM N.H, Chief Judge of English was TM J.S.
    Unusually, before opening, Judges and the other sta&s hold a briefing and
    confirmed about the rules and roles. Also, we had 4 guests (Ms. S, Mr. U, TM Y,
    TM K)
    The first half was the English part.
    But I’m sorry to say I can’t report the themes and details of today’s speeches
    because the winner will try coming upper area contest. So I’ll report a little.
    TM H.Y had a speech about his re-try of something and her daughter’s. It was
    full of his sincere mind. It was so suitable for a new year’s speech as her new
    challenge.
    TM A.O had a speech about anger control. He showed his experience of anger
    so humorously. He analyses the di6culty of anger control and suggests how to
    go along with it.
    TM R.K had a speech about cherishing words from her English private teacher.
    And she brought something important for the audience with her passionate
    speech.
    During Tally counting, TM A.T interviewed to each speaker humorously and
    asked them why this theme. They all answered it with their career of TMC.
    In judging by the judges, TM R.K is going to try the next area contest.
    4 guests came and each of them told they enjoyed tonight. We’re all waiting for your next visit. And special thanks to TM M
    and TM K for helping our contest as a sta&, and brought us some gift!
    <日本語クラブスピーチコンテスト>
    日本語コンテストは、コンテストチェア K.K、審査委員長 T.H のもと、名のコンテスタントが出場し
    ました。緊張感漂う中、くじ引きの順序に従い以下の通りスピーチが発表されていきました。
    (1)TM H.Y
    英語・日本語両方のコンテストに、同じタイトルの作品で臨んだ TM H.Y。英語では娘さんのことを
    語っていたのに対し、日本語では視点を変えて自分のことについてスピーチされました。仕事におけ

    る苦悩が共有され聴衆の共感を呼ぶとともに、TM H.Y の仕事にかけた闘志を感じる作品となっていました。

    (2)TM A.O
    こちらも英語・日本語両方のコンテストに臨んだ TM A.O でしたが、英語スピーチは趣味から着想
    を得ていたのに対し、日本語はプロフェッショナルな、専門性の高い内容となっていました。ある事
    象に対してその原因、「why」を突き詰めて考えることの重要性を示した、聴衆にも学びを与えるス
    ピーチでした。
    (3)TM K.A
    大学時代の同じサークルの女性の座右の銘を、自身の人生や経験と結び付けて語った TM K.A
    得意のユーモラスな要素は取り入れつつ、TM K.A の価値観や人生観が垣間見られた、聴衆にも
    問いを投げかけるようなスピーチでした。スピーチの締めには、新年最初のスピーチらしい、決意が
    述べられていました。
    審査員による審査の結果、TM K.A が1位となり、次のエリアコンテストに進むこととなりました。
    コンテスト全体を振り返ると、新年最初の例会のため出席者が普段より少ない中での開催となり
    ましたが、チェア、審査員、ヘルパー、コンテスタント、そしてゲストも含めた全員で協力し合いながら
    運営を進め、無事に予定時間通り終えることができました。
     コンテスタントの皆様、素晴らしいスピーチと勇気ある挑戦を、ありがとうございました!
    unnamed.jpg
  • unnamed (1).jpg