Meeting Report : club International Speech contest (#286 meeting)

== Tokyo International Toastmasters club International Speech contest (#286 meeting) ==
[Date]
 Jan.31 (Wed) 7pm – 9pm
[Roles]
日本語コンテスト委員長:T.Hさん
日本語審査委員長:K.Hさん
English contest chair; TM R.T
English chief judge; TM E.S
Timer(計時係); TM K.H , TM E.S
Vote counter(集計係); TM A.T, TM K.S
Sergeant at arms(会場係); TM S.H
Meeting reporter(例会レポート係); TM C.Y
トーストマスターズでは、秋と春の年2回(翌年度からは公式開催としては春のみ)、スピーチコンテストを開催しています。
春のコンテスト(日本語スピーチコンテスト/International Speech Contest)は、5-7分の長さのスピーチで争われます。
クラブコンテストに勝ち上がると、エリアコンテストに進み、その勝者がディビィジョンコンテストに出場できます。
そこでもまた勝ち進むと、5月13日(日)に神保町の日本教育会館一ツ橋ホールで開催される全国大会(ディストリクトコンテスト)で、
日本一のスピーチチャンピオンの座をかけて争います!
今日は、その緒戦となる、クラブスピーチコンテスト例会です。
今回、各言語のコンテスト委員長、審査委員長は皆さんなんと初挑戦!
先輩メンバーのアドバイスを受けながら、4人で事前準備を一生懸命進めて、コンテストを迎えました。
日本語コンテスタントは以下の4名。
1) H.Yさん「おつとめ」
2) T.Mさん「登山口の忘れ物」
3) A.Oさん「映画を無料で見る方法」
4) H.Sさん「イタイイ話」
In English contest, 3 members competed.
1) TM H.Y “National Treasures”
2) TM A.O “Laugh or Cry”
3) TM K.A “Snow fall”
皆さん、非常にSpark!なスピーチを披露し、会場を沸かせておりました!
コンテスト後のインタビューセッションでは、各コンテスト委員長がコンテスタントに対し、
このスピーチを作った理由や、スピーチ内容にちなんだ質問を問いかけ、
各コンテストスピーチの内容をさらに深めるやりとりとなりました。
コンテストの最後は、お待ちかねの結果発表。
[日本語]
第1位:H.Sさん
第2位:A.Oさん
[English]
1st: TM K.A
2nd; TM A.O
Congratulations!!
 
入賞された日英各2名の方は、3月17日(土)に、きゅりあん(品川区立総合区民会館)で開催される
エリア34日本語スピーチコンテスト/Area 34 International Speech Contestの出場権を得ます。
エリアコンテストでもぜひSpark!してください!

Meeting Report Jan 24. 2018

2018/1/24 例会レポート

東京に大雪が降った後の例会、押し寄せる寒波をものともせず例会が始まります。

TM Hが選んだ今日の言葉は「楽観的」。そうですね、何事にも楽観的に取り組みたいものです。

 

本日のTMOETM I。初めてのTMOEと思えないほどテキパキと、かつ温かいコメントもはさみながら例会を進めていきます。

今日の1人目のスピーカーはベテランのTM Y

いきなりコンドロイチンの錠剤を取り出して何をするのかと思いましたが、「利用上の注意」に紐づけて、トーストマスターズの利用上の注意をスピーチしてくださいました。

エリアディレクターまで勤めたトーストマスターズ経験を振り返りつつ展開される話はさすがに具体的です。やりすぎないこと、続けること、トーストマスターズとの良い付き合い方といったことを考えさせられました。

2人目のスピーカーはTM M

「聞く、聴く、訊く?」というタイトルで、モノやサービスを上手に販売するにはお客さんの話をどう聞いていったらよいのか、というテーマでした。WhatWhyHowという切り口など、聞き出し方のTipsが盛りだくさんです。

考えてみれば「きく」は漢字だけで3種類もあるのですね。

このスピーチは上級マニュアルのスピーチで、ロールプレイ付き!

実際のお客さんに手帳を販売する設定で、リアルなアドリブも披露いただきました。

2名のスピーカーの後は、テーブルトピックスのコーナー!

即興スピーチはいつ指名されるかドキドキしてしまいます。

本日のテーブルトピックスマスターはTM H

1問目の「寒さのしのぎ方」にはTM Tが、

2問目の「韓国に行ったら何をする?」にはゲストのNさんが、

3問目の「オリンピックに出るとしたら何の協議?」にはTM Mが、

それぞれ工夫を凝らした答えをひねり出してくれました。

特にNさんの韓国知識にはびっくり!

スピーチのあとは論評です。トーストマスターズでは必ず何らかのフィードバックをします。

1人目の論評者はTM I。ベテランスピーカーにベテラン論評者です。

論評の構成の分かりやすさもさることながら、具体的にこうすると良いのでは、という具体性がきらりと光る論評でした。

2人目の論評者はTM S

論評の論点が分類整理された、とても分かりやすい論評でした!

After 5 minutes’ coffee break, English session started. The word of the day for English session was “Optimistic”.

The first speaker in English session was TM T. Speech title was “How to pronounce it”.

She introduces the difference between native English speaker and Japanese from biological point of view. The speech was organized by 3 contents of 1) why different, 2) how to pronounce, and 3) practice part. Also, PowerPoint visual aid helped us understood the explanations very much – especially to understand how to pronounce “L” and “R”.

The second speaker was TM O. Speech title was “I’ll tell you how to watch a movie for free”

The speech started with the price comparison among various countries (Japanese movie fare is expensive!), and introduced surprising approach to watch movie for free. That is …. to ask complementary seat of someone who has preview pair ticket but come to movie preview alone! Wow!

The first evaluator for TM T was TM S. He explained good points of the speech in very much detail, which evidenced the analytical skill of TM S. Good Job!

The second evaluator for TM O was TM K. She evaluated the catchy opening of the speech and suggested the speaker to show more passion towards movie. Good point!

Due to the good time management by TMOE, English session finished very much on time, even Japanese session ended 5 minutes behind the schedule!

The best speaker was TM T, the best table topics speaker was TM M, and the best evaluator was TM I. 3 members were awarded at the end of today’s meeting. Congratulations!

Meeting Report for 10th of Jan. 2018

【第284回例会レポート 2018年1月10日(水)19:00~21:00】

English.

Ms, E.S moderate today’s session as TMOE, she may moderate a few times ( maybe first time ), but I was really impressed her attitude which is well organized, confident and attractive manner.

TM I.A prepared Today’s word “Happiness”, “Tranquility”, “Rapture”, “Euphoria” and “Bliss” which reflect new year.

First English prepared speech has been provided by TM T.H.
CC Manual: Project #3 “Get to the Point”
Title: Three lines

It is third speech from TM T.H, however I believe he has already established the own style. Especially, his vocal and smile is attracting many people into his speech. His speech is regarding three line diaries. First he explain what is three lines diary, then how to write diary every day, I was really surprised that he has continued diary for three years! Next he goes into own analysis of his diary, from my perspective this is key point of his message since he just not following the book but own perception to use diary. Then finally he has point out several benefit including mental stability.
I am sure member has been induced to start diary today!

Second English Prepared speech has been provided by TM A.T
CC Manual: Project #3 “Get to the Point”
Title: “What I talk about when I talk about running”.

First I have to confess that I can’t simply understand the title at first, it is something like riddle. But after TM A.T’s clear identification which is delivered by speech, I understand this is the message to communicate what is running, why people continue running and what is best approach to do something (not only running). First she has explained why running has advantage than other sports, then she has provided her own experience which give audience concrete evidence. Then she has provided several benefit of running which is not only physics but also mental. Finally she recommends to start something not in “Forced manner” but “Self-motivated manner”. I have totally agreed with her point, in the past, sometimes I was running but it is always something I just feel, “OK, I want to run” not “I have to run”

Third English prepared speech has been provided by TM T.M
CC Manual : Project #3 “Organize your speech”
Title : Three lines

TM T.M has been already accomplished CC manual and I believe he has exceptional speech/presentation skill. So it is good opportunity to see how TM T.M conducts basic speech. He has provided how to translated Japanese old expression “Shu Ha Ri” into business scope. Furthermore he has challenged this experiment in English! First he has explained what is “Shu Ha Ri”, although most of people has general understanding, I believe this is necessary to keep everyone on same page. Then he has divided task into two different type, one is standard operation and another is creativity. For standard operation, as process of improvement, “Shu Ha Ri” is the effective method, however for creativity purpose, it is necessary to achieve break through which someone can’t achieve so “Shu Ha Ri” is not appropriate method. We need to select the approach based on Situation, Goal and outcome.

Evaluation for TM T.H has been provided by TM K.H
TM K.H has pointed out TM T.H attitude such as smiling which I have totally agreed.

Evaluation for TM A.T has been provided by TM R.T
Coincidently TM R.T has provided similar speech as TM A.T which is CTA speech of running. Definitely they can promote running further in TITMC

Evaluation for TM T.M has been provided by TM A.O
TM A.O provide simple but yet Well-organized evaluation.

General Evaluation has been provided by TM G.K, he has provided evaluation in positive manner but yet on-target.

日本語の部

本日の言葉は”果報”です。新年らしい言葉です。寝て待つのが一番でしょうか。

最初の準備スピーチはTM K.YさんからのSparkです。
High Performance Leadership Program
Project#2 Choosing Your Objective
タイトル「Spark」

High Performance Leadership Programはただスピーチを発表するだけではなく、活動を通して自らのリーダーシップを伸ばしていくCC, ACよりの先にあるプログラムです。TM K.YさんはToastmasterの全国大会を主催者の一人として活動するにあたり、どのように動機づけをしたか、キーワードである”Spark”を選んだかをわかりやすく説明してくれました。過去の教育経験を生かして、さらに大きな場所で自分の力を試してみる、基本的な道筋ではありますがやはり王道といえるのではないかと思います。

次の準備スピーチはTM K.AさんからのPasswaysを始める際にやるべきことです。
ACマニュアル プロジェクト#5 [Presenting a Technical Paper]
タイトル「新しい教育プログラムPathwaysに向けて~今あなたにやってほしい3つのこと」

さてこのスピーチはオープニングとしてメンバーに対して”Passwaysのメールを見ましたか”と”Passways知っていますか”から始まりましたが、、、残念ながら半分以上の人が意識をしていないことが判明。オープニングとしてはがっくりした結果だったかと思いますが逆に言えばここでスピーチをしたことはタイムリーだったととらえることができます。
Passwaysの説明に関しては、さすがに手慣れたスピーチの進め方で、まず仕組みが変わること、これを元号やオリンピックになぞらえうまく?必要性を説明、その仕組みの内容、スケジュール、やるべきことがまとまりよく説明されていました。

論評はそれぞれ TM N.Yさん、H.Sさんから提供されました。

TM N.Yさんは自身の経験を踏まえて、全員を巻き込んで進める大会は楽しそうとおっしゃっていたことが印象に残りました。またH.Sさんは3つのポイント、ゲストへホスピタリティ、目標達成・おしゃれなスライド・笑いについて的確に評価をしていました。

今夜の表彰は
ベスト論評賞はTM K.Hさん
ベストスピーカーはTM T.Hさん

おめでとうございます。

M.Y

Meeting Report for 13th of December 2017

Meeting Report for 13th of December 2017

Tokyo International Toastmaster Club meeting #283 was held at Curian Oimachi on 13th of December 2017
Meeting started by President TM K.S. and introduced 2 guest who participated to meeting#283 as guest.
There was one guest who is member of Akihabara Toastmaster Club
TMOE was TM T.M.

First one hour was Japanese Session.
TM C.Y. started his Ice break speech for warm up the meeting. He introduced method to other club members for talking small speech starting from phrase[実は私ーActually I] within one minute.

Word of the evening for Japanese session was [rankoge-乱高下] which means in English is “violent fluctuation”. Other meanings of this word is “up and down sharply”, “rise and fall suddenly” and “jump and slump sharply” This word introduced by TM O.N.

First Speech was prepared speech “Life Design” by TM S.I. He spoke about life style of Japan by illustrating diagrams.
Life expectation and way of living style in Japan are some interesting topics of his speech.

Second Speech was prepared speech “Rope Escape” by TM A.O. It was magic show rather than speech. He entertained the audience according to his speech objectives.

Prepared Speech was finished for Japanese Session and TM T.M. talked about [ひと言レッスンーOne word lesson].
GRAHCO and general evaluation roles must be one role according to his speak.

Japanese session was finished and started the coffee break for five minutes.

English session started after coffee break.

Word of the evening for English session was “violent fluctuation” which is English meaning of [rankoge-乱高下].

First Speech was prepared speech “Journey to Global Leader” by TM J.S. His speech made other club members to become global leader
by practicing yaruki, genki, yuuki (yaruki-Motivation, genki-Healthy, yuuki-Courage).

Next started table topic round.

Table topic facilitator was TM K.M. She introduced interesting topics to speakers.
First table topic speaker was TM K.A. He talked about his colleague vacation and his interesting about vacation destinations.
Second table topic speaker was TM A.T. She talked about her unforgettable thing in 2017.
Third table topic speaker was K.O. who was guest for meeting#283.She spoke about what she has to do before end of 2017

Then Awarding Ceremony was started for meeting#283
Best speaker was TM J.S.
Best evaluator was TM R.T.
Best table topic speaker was K.O. who was guest.

In business session, TM J.S. and TM H.S. got special present from TM President K.S. for completing competent communication manual. Guests also spoke about their comments for meeting#283

Meeting#283
Timer was TM K.A.
Vote counter was TM C.Y.
Grahcho was TM A.T.
Meeting reporter was TM S.H.
General evaluator was TM H.S.
Evaluator for “Life Design” by TM S.I. was TM K.S.
Evaluator for “Rope Escape” by TM A.O. was TM R.T.
Evaluator for “Journey to Global Leader” by TM J.S. was TM E.K.

TM President K.S. adjourned the meeting until the following meeting #284

Meeting report on Nov.29

【第282回例会レポート (2017/11/29(水)19:00~21:10)】

Today’s TMOE was TM J.S., and today’s word is “pun” from TM K.A.

Speech #1 (TM M.Y.):
CC Manual: Project 4, How to Say It
The title is “Whatever, Whenever, Wherever”.

He talked about ”Learning English”. At first, he explained the various way to
learn English and also mentioned the problems like high cost.
Then, he introduce the latest service “Italki.com”, where we can find personal tutor.
By using Italki.com, we can learn English Whatever, Whenever, Wherever.

Table Topic #1 (TM A.T.):
1) Please tell us your first time challenge in this year? (TM S.I.)
His challenge was “English”.
2) If you could be an animal, what animal do you want to be? (TM E.K.)
She wants to be a little puppy.
3) Are you dog person? or cat person? Please tell us charm point too. (TM R.T.)
She is cat person.
4) What is your best memory of this year (Guest Ms.K.)
To attend Toastmasters!

Evaluation was made by TM T.M.
He drew the matrix of the evaluation points and did perfect evaluation.

今夜のTMOEはTM J.S.さんです。
直前に日本語のスピーチ3本がキャンセルになりましたが、
あわてずテーブルトピックなどを企画して切り抜けました。
また、大きな声と「拍手~」という掛け声で例会を盛り上げてくれました。

今夜の言葉はTM K.A.より駄洒落を言うこと。
TMOEのTM J.S.さんが駄洒落協会会員の本領を発揮し、2つの駄洒落を披露しました。

テーブルトピック #2 (TM S.I.)
1) おすすめの冬の外での過ごし方は?(TM K.S.)
自転車で鎌倉の海岸沿いを散歩すること
2) 大勢の前でたっても緊張しない方法は?(TM K.A.)
事前に会場に慣れておくこと
3) どのように英語を勉強しているか?(TM R.T.)
友達を作る

テーブルトピック #3 (TM E.K.)
1) 最近一番焦ったことは?(Guest TM M.A.)
揚げ物が燃えたこと
2) 無制限に予算があって、誰かに贈り物をするとしたら誰に何を贈りたいか?(TM A.T.)
母と親子2人世界一周の旅
3) 行きたい国を一つ選んでください?どうしてその国を選びましたか?(TM J.S.)
日本!
4) これまで行きてきてせつない思い出は? (TM S.I.)
大恋愛話

このようにたくさんのテーブルトピックがあり、意外な一面がたくさん見ることが
できたと思います。ここだけの話もありましたし。。。

ここでTM H.S.さんが駆けつけ、まだ息がきれるなかCC10を披露しました。

スピーチ #2 (TM H.S.):
CCマニュアル: プロジェクト10, 聞き手を鼓舞する
タイトルは「定例を最大限活かす方法(もしも私がTM世界一になったあとのスピーチ)」

C-3POというあだ名を返上するために世界一になったTM H.S.
その世界一の舞台を臨場感豊かに再現し、感動を共有しました。
そしてどのように世界一になったかを語り、3つのポイントを教えてくれました。
1 スピーチを録画して、自分の動きを把握する
2 常に論評者でいる。例会の中で常に論評の姿勢で改善できるポイントを吸収する
3 たまには準備をしないで即興力を鍛える
世界一にふさわしいスピーチでした!

論評者はTM K.S.さん、総合論評はTM A.O.さんでした。

今夜のベストテーブルトピック賞はゲストのKさん
ベスト論評賞はTM T.M.さん
ベストスピーカーはTM M.Y.さん
でした。
おめでとうございます!

K.A.

Meeting report on Nov.22

【第281回例会レポート (2017年11月22日(水)19:00~21:00)】

日本語の部

今回は、サンフランシスコのJapanese-English Toastmasters (JETs)のメンバーM.K.さんが参加してくれました。

定刻どおり会長のSさんからの挨拶ではじまり、TMOEは、今回が初めてのTさんが担当されました。
まず最初は、Nさんから今夜の言葉の紹介で、『習うより慣れろ』が選ばれました。

役割紹介は、
計時係:Aさん、集計係:Hさん、GRACO:Mさん、例会レポート係:O
各自が担当の説明をしました。

日本語の準備スピーチ

一人目スピーカーは、Tさん
CCマニュアル プロジェクト3「ポイントを押さえる」
タイトル「日本酒のすゝめ」
スピーチ制限時間:5~7分、スピーチ時間:7分30秒
充実したマテリアルを使って、日本酒の魅力を伝えてくれました。
マテリアルは、メーリングリストで配布されていますので、
当日参加されていない方も参照して下さい。

二人目のスピーカーは、Sさん
The Leadership Excellence Series
Project #7「Giving Effective Feedback」
タイトル「意味のあるフィードバックとは?」
スピーチ制限時間:10分~15分、スピーチ時間:11分18秒
こちらもマテリアルを駆使して、実践的なフィードバックについてのポイントを
プレゼンしてくれました。

日本語の論評

一人目のTさんへの論評は、今夜の言葉とダブルロールのNさん
論評時間:3分29秒

二人目のSさんへの論評は、今回が論評初挑戦のYさん
論評時間:3分18秒

二人の論評者とも時間内で論評者に対するグッドポイントとスピーチを更によくするため提案をしていました。

文法報告と総合論評のKさんによる論評者に対する論評と日本語の部の振り返りを頂いて、
日本語の部は終了しました。

約10分程度の休憩の後

英語の部がスタート

英語のworld of the evening was “The Bottome Line”. (by N-san)
でした

役割紹介は日本語の部で済んでいるため、割愛しています。
但し、英語の部では、新入会員のSさんが、Aさんに代わって計時係を担当してくれました。

英語の準備スピーチ

1st Speaker A-san
AC Manual Technical Presentations #4 “Presenting a Techicla Paper”
Speech title “Scientific Evidence”
スピーチ制限時間:10~12分、スピーチ時間:11分24秒
受動喫煙についての影響について説得力のある根拠に基づいてプレゼンをしてくれました。

2nd Speaker S-san
CC Manual #9 “Persuade With Power”
Speech title “No Zzz”
スピーチ制限時間:5~7分、スピーチ時間:6分9秒
イビキの発生するメカニズムとそれに対する誰にでもできる解決策を提示してくれました。

テーブルトピックスのコーナーは、集計係とダブルロールのHさんが担当してくれました。
Q1 What do you like to eat during the winter?
Haさん スピーチ時間:1分

Q2 Where do you like to to during holiday season?  Please tell me the best place to go?
Mさん スピーチ時間:1分

Q3 If you were a dog, what kind of dog would you want to be?  And what would you do?
Hiさん スピーチ時間:1分

英語の論評は、

一人目のAさんへの論評は、Yさん
二人目のSさんへの論評は、Oが担当しました。

日本語と同様に文法報告は、Mさんと英語の部の総合論評をKさんが担当してくれました。

そして、一番のクライマックスである表彰の部です。

今夜のベストテーブルトピックはHiさん、
ベスト論評者はYさん、
ベストスピーカーは日本語と英語の両方の部からダブル受賞となり
TさんとSさんが受賞されました。

受賞された方、おめでとうございます。

記録担当:A.O.

Meeting report of Nov. 8th,2017

We smoothly started our TM club meeting for the meeting# 280 on time as usual.
Because today TMOE is TM E.H, she is one of our club master, so everything was just started very smooth and made us very comfortable atmosphere.

This time we had two guests, and one of them used to attend INDIA and Hong Kong TM clubs. Wow, he has already been experienced for Global TM clubs and holds excellent English skills.

Tonight’s Word of the Evening was “iffy”. Our Club President of TM K.S draw the face of “Miffy” on the whiteboard, but the tonight words “iffy” which doesn’t have any connection with “Miffy” (Hahaha… ) The other meaning is uncertainty.

For first one hour, it was an English session.
First speaker was TM S.H. This is the first time for him to speak out for our TM club.
The title is “My Self”. This speech was project#1 “The Ice break”, so that he explained the culture of Sri Lanka and how different between Japan and his hometown.
Even though, his first speech, he always gave his smile and showed his confidence on his speech.

Second Speaker was TM C.Y. The title was “A Procedure for Toastmasters Club Establishment” Didn’t he bring such a great PPT material from TMC organization? The all slides of PPT were very awesome. His speech was very excellent and it was very easy to understand for audiences to hear what he would like to explain.
He is one of veteran of out TM club, so the contents of the slide and the speech were exquisite timing.

Third Speaker was TM H.S. The title was “Memory Palace”.
The aim of project is #8 “Get comfortable with visual aids”, so that he usually prepared PPT materials with Artistic sense and always invited us to imagination and the surprise world. As to how to memorize, it was unique to get hints from objects of regular commuting courses. It was very smart and unique speech.

そして休憩の後、日本語の部へ移行。
今夜の言葉は「心許ない」(こころもとない)

日本語の部の最初のスピーチは、TM M.Yさん。タイトルは「あきないもの」
終始お米の話をして頂き、お米の種類、歴史、数値まで、メモを見ずにすらすらとスピーチされ、お米に関して非常に勉強になるスピーチでした。湯沢に旅行に出かけた際に、美味しいお米を家族と食べて思いついたスピーチとのことでした。「お米をおかずにお米を食べる事が出来る」という言い回しが笑いを誘いました。話を聞いているだけで、お腹の音が聞こえたのは、決して私だけではなかったと思います(笑)

そして2番目のスピーチは、TM S.Iさん。タイトルは「百獣の王」
ビジュアル資料をお持ちしており、タレント武井壮の写真を見せて、会場を笑いの渦に包みました。
百獣の王を検索すると、最初に出てくるのは武井壮だそうです(笑)
本来の百獣の王とは、かつて猛獣会を君臨していた、「バーバリーライイン」という種で、普通のライオンの1.5倍の大きさ全長3m、体重350kgもある巨大なライオンだったことです。

時間が余ったので、ここで即興のテーブルスピーチが発令!
TM K.Aさんが、即興にも関わらず素晴らしい内容のトピックをご用意されていました。

テーブルトピックのコーナでは
日本語(秋にちなんで)
1 好きなスポーツは? ゲスト Yさん「毎日ジムで汗を流すこと」
2 好きな食べ物は? TM K.Hさん「ワインを飲みながらステーキを食べること」
3 好きな芸術は? ゲスト Tさん「スペインで建築物を見ること」
4 ネットで買えるとしたら、何が一番欲しい? TM A.Oさん「時間を買う!」
本を読むのにも時間が必要ということで、TM A.Oさんの創造力の豊かなテーブルスピーチに爆笑でした。

そして最後に嬉しいニュースが、我々のクラブTokyo International Toastmasters Club(TITMC)が
” President Distinguished Club”の賞を頂きました。
昨年からご活躍された元会長のTM A.Oさんと元教育担当のTM K.Sさんの頑張りがあったからこそ、この賞を頂く事が出来ました!ありがとうございます!

TM E.HさんのTOMは素晴らしく、時間通りに第280会の例会は閉会となりました。

2017 Dinner Meeting Report! Oct.25th,2017

 

冷えた雨の中たどりついた、
そのお店の雰囲気は、
10数人で集まるにはピッタリの
暖かな明かりにこじんまりとつつまれた
ちょっとおしゃれなお店でした。

いろいろな仮装をした中で
メキシカンなケータリングも届き
ドリンクと料理を自分たちで並べ、
続々とメンバーが集まってくる中で、
田町の駅からハロウインの仮装で来るメンバーも!
(TM T.H.さん。もちろん、満場一致でベッストドレッサー賞です)

TM K.A.の乾杯のスピーチのあと、
最初のコーナーはディベートセッションです。
朝ごはんは”パン”か”お米か”。
くじ引きで決まった3人づつのチームに別れ、他のメンバーが判定します。
実は米派の3人が、”パン”派チーム。
ヒゲのカールおじさんTM K.Y.が、
日本の農業を救うため、小麦農家を
優遇することが必要と主張すれば、
かなり本格的な海賊姿のTM O.N.が
朝食としてのお手軽さを主張する。
そんななかでTM G.K. が、
米を食べるから足が短くなる。
パンをたべて東京オリンピックに備えるべき!?と持論を展開。

 

迎えうつ形になった、”米”派チームは、
TM.K.S.が昔の日本人は米食だったこと、
(粟やひえじゃない?と反駁されましたが。。。)、
いろいろなおかず〜お茶漬けや明太子にも合う懐深いバリエーションなどの主張をしたあと、
天使の輪が似合っていたTM A.T.が
農業は多数の米農家をまず救うべき、
米は朝レンジでチンでお手軽だ、
足が長いアフリカも米を小麦より食べてると切れのいい反駁をしたあと、
リボンを頭につけた以外は、
紳士なビジネスマンTM.K.H.が、
かなり強引だった主張をスマートに、もっともらしく、
古来からの日本文化は米文化なのだとまとめあげました。
が、なんと言っても、このディベート対決の真の主役は、
小悪魔衣装に見を包み、ビシッ!、バシッ!、
タイムキーパーをする司会のTM R.T.でした。

判定は、ディベートの横のテーブルで、
くつろぎながら楽しんでいた5人。
本当に聞いていたのかどうかは別として、
それぞれのコメントは、ほろ酔いの中、
普段の論評で鍛えられた片鱗を見せていました。
勝利を掴んだ”米”派チームがハイタッチで喜び合う中、
パンは”トースト”だった!!!
とあとで気づいた”パン”派チーム。
3人の悔しそうなリアクションが印象的でした

次のコーナーは、なりきりスピーチ。
最初のなりきりは、
”くだらない検索に付き合わされてぼやきまくる検索エンジン”。
ユーモアスピーチの達人TM K.A.が、その独特の言い回しと雰囲気で
検索エンジンの悲哀を好演するも、
2分のスピーチを誰も計測してなくて、
止める人がいない事態で、
いつまでも演じ続けるはめに。。。
もうっ、いいかげんにしてくれという
検索エンジンの切ない心の声を、
酔っ払いの面々は、
まだスピーチが続いているのだと一同真剣にどこまでも聞き入っていたのでした。。

実はおじいちゃんのミッキー役はTM J.S.。
「ミッキーの真似して!」の声に、
一生懸命大きなかすれ声で
ミッキーマウスの歌を披露するも、
それ、真似じゃないです。。とツッコミが。。。
赤ちゃんの独り言は、TM T.H.。
ボーカルバラエティとボディランゲージを
駆使して、大人びた台詞を口にしてました。

実は200歳を超えた魔女を演じたTM E.S.。
最初から配役が決まってたのではと思うほど、ピッタリな役どころで、
お酒を飲むとモンスターになる魔法をかけてました。
だいぶ前から、飲み過ぎモンスターになっていた人もいましたが。。

総理大臣としてTM R.T.も再登場。ディベートを社会にひろげて行きます!
と主張するも、酔っぱらいにはマントと”つの”の印象が強すぎて、
世界を支配すると宣言しているような雰囲気でした。。
神様TM T.M.も降臨しましたが、実は真の姿は新橋の酔っぱらい。
毎年恒例となったそのネクタイはちまき姿は、今年も健在でした。

 

自分の想像の遙か上をいく素晴らしいディナー例会でした。
帰り道や、電車の中でも楽しかったといって話が止まりませんでした。
複数のメンバーの相乗効果ってすごいですね。
何だか、クラブの結束も高まった気がします。

ディナー例会企画・準備していただいた
企画チームの4人の皆さん。
TM T.M.,TM J.S.,TM E.S.,TM R.T.
素敵な例会を有難うございました!

K.S.