MEETING REPORT May 26th, 2021

TITMC 第374回例会レポート 2021/5/26(水) 19:00-21:20

# English Session:

Our president TM K.K. started our meeting with showing tonight’s 2 big events. Yes, the super moon and the election for new officers!

Today’s TMOE was TM T.M.
The word of the evening was “Cut to the chase” by TM H.Y. (He was on the way home!)

# Speech #1 (TM M.Y.) 6:25
“Estonia-History links the present with the past”

Title page showed the geographical location of Estonia and a beautiful photo of the capital city. We’re all excited with this opening that we felt like on a travel to unknown country. At the beginning of his speech, he showed his speech structure clearly. We could traveled with him to Estonia’s some sightseeing spots and think of the country’s the present and the past. And he let us learn this country correctly as tourists. We felt his kindness and passion for this small lovely country. Lastly he recommended a trip to Estonia after this Covid-19 situation. Great speech!

# Speech #2 (TM H. A.)7:37
“Introduce your future”

He started with his conviction about the meaningful self-introduction. Don’t introduce only your past and present but introduce your future. He showed how boring the former one is.
And he said “Why do you introduce yourself?”, ”To build a good relationship!” It’s clear vision of his. And he compared 2 self-introduction, a typical one and a future oriented one effectively. And lastly, he introduced himself oriented on his future. We’re all moved his sincere and meaningful speech so much.

# Evaluater TM A.O.3:16
He started with showing his ignorance about this small country with his own way, it made everyone smile and relaxed. And he raised TM M.Y.’s good points:well-organized structure, topic focus on, and understandable presentation. Lastly he thanked to his presentation, that he got a great motivation to research about Estonian film industry! (We all knows he deeply loves films all over the world!)

# Evaluater TM N.H. 4:09
She showed TM H.A.’s 3 good points and 2 feedbacks clearly. Good points were, starting with question, showing his speech objective at the beginning, and demonstrating with his own. They are extremely effective to deliver speech values for audience. And feedbacks were showing his speech “map” at the beginning and using pictures on his slides instead of many letters. Her evaluation sounds so gentle and helpful for our new member. So great!

# 日本語セッション:

今夜の言葉はTM H.Y.さんより、五月にちなんで「五月蝿い(うるさい)」です。”五月蝿くならないように”など、否定形にも多く使われました。

# 準備スピーチ#3 6:57
TM J.S.さんによる「世界中のどこでも結果を出せる人に共通する〇〇とは」

13年間海外のビジネスの場でご活躍のTMJ.S.さんの経験による、独断に基づくリサーチ報告スピーチ!外務省の統計などを軽く交えたトークで聴衆の心を掴みます。さて、結果を出している人の3つの特徴は、やり抜く力がある、やりたい仕事をやらない、異文化を言い訳にしない、と言い切ります。二つ目の特徴にはドキリとした人、多数!求められている仕事に実直に尽力することだそうです・・・。そしてそしてお楽しみの共通する〇〇とは・・・やはりTMJ.S.にピッタリのアレでしたね!
TMJ.S.さんはスライドは使わずトークのみで勝負、zoom画面の中央で身振りを交えた笑顔のスピーチでした!

ここで本日のTMOEによる、クラブ役員の仕事の「勝手に説明会!」が、入会間もないメンバーに向けて開催されました。これはスピーチ論評者への準備時間確保の配慮でもあります。もぅ~みんなが上手くいく手立てを、ついつい考え実行しちゃうんですね、TM T.M.さん。スライドもサクッと用意されて行き届いていました。さすがミスター東京インターと呼ばれるわけです!

# 論評 TMR.T. 3:22
「思わず二度見するタイトル、わかりやすい構成、そして随所にユーモアを散りばめた流石TMJ.S.さん!というスピーチ」、というTMR.T.さんの論評が、言葉巧みに流れるようでまた素晴らしいのでした。皆がギクリとした「自分のやりたいことをしない」というTMJ.S.さんの着眼点と、安定の結論の対比を挙げたのも、俯瞰された視点でのまとめ方でした。さすが!そして改善点として、更にアイコンタクトをとって目力で訴えよ!とのこと。ここでTM.J.S.さんの目力が画面越しに届いたら・・・これはスゴい説得力になるぞと想像させられました。

総合論評は安定のTMK.K. 論評TMR.T.の人を観る力、それを言語化する能力の高さを称賛しましたが、まだまだ称賛し足りない様子でした。また、TMT.M.の例会マネジメントについても、行き届いた取り回しを「TMスピリット」と大いに称えました。

表彰は、
ベスト論評者:TM R.T.
ベストスピーカー:TM H.A.
おめでとうございます!

本日は、2021-22次期役員選挙も行われました。TMCは完全に民主主義の場ですので、異議を唱えることも可能なように、選出手続きは真面目に地道に手順を踏みます。推薦委員会から推薦を受けたメンバーに対する応援演説、受けて立った本人による立候補演説が、それぞれの役割について行われました。応援演説、立候補演説は個性とユーモア、そして時には役割への真剣な思いも聞かれるところが、さすがでした。明るい次年度を、皆が確信したのでした!

記録:M.A.

次回例会は 2021年6月9日(水)

※次回例会は、2021年6月9日(水)です!!

次回6/9(水)は日英通常例会です。

※緊急事態宣言のため、当面の間は「オンライン(zoon)」のみで開催します。

当クラブでは、平日 第2、4、5水曜日の夜に1時間の日本語の部と、1時間の英語の部バイリンガルでスピーチと論評を行います。

ゲストの方もご見学大歓迎です。(通常例会は無料です)。

見学の申し込み等は、お問い合わせメニューから、お願いします。予約無しでも、当日、会社帰りに直接会場に来ていただいても構いません。

英会話を勉強中の方、プレゼンテーションを練習したい方、ビジネススキルを上達させたい方、メンバーそれぞれいろいろな目標を持ってで参加しています。

ぜひ、あなたも仕事帰りにお気軽に見学にいらっしゃってください。

今後の活動予定はMeeting Schedule pageからご確認ください。

【コラム】
6/9は「卵の日」です。「卵」という漢字が「6」と「9」を組み合わせたように見えることから制定されました。卵と言えば「卵が先か?鶏が先か?」という問題があります。学術的(遺伝子学,生物学,遺伝子学など)には「卵が先」なことは明白になっているそうです。ビジネスシーンでも「利益が先か?投資が先か?」という同じような議論がありますね。

 

MEETING REPORT May 12h, 2021

Meeting report May 12th, 2021
Tokyo International Toastmasters club meeting #373
*The meeting was held online via Zoom due to COVID-19 pandemic


TM K.K. kicked off the meeting and showed his appreciation to the club members as he is finishing his one-year term as the president at the end of June. It was a great reminder that the election of officers for 2021-2022 will be held soon. Then he broke the ice by sharing some stories about fun things he did with his family staying home during Golden Week holidays. One was cooking beef stew on Mother’s Day, and another was enjoying Karaoke at home using an app.

R.T. served as the TMOE. Expanding the topic, she mentioned her brother’s wedding ceremony during the holidays. She reported that her wedding speech was a great success. As TM N.H. said, it was great to hear of the result like getting feedback.

The word of the evening was “harbinger” introduced by TM F.G. It means ‘something that foreshadows a future event / something that gives an anticipatory sign of what is to come’.

Role takers
Timer: TM M.T. Vote counter: TM R.T. GRACHO/General evaluator: TM N.H. Meeting Reporter TM H.A.

Prepared speech #1: TM K.M.
Speech title: “To be the ‘same’ and ‘different’”

The speech started throwing a question: “Do you like traveling oversea?”. She is a big fan of traveling and has an experience of living abroad in childhood. Then she talked about her childhood memories of not being treated equally and feeling as an outsider in Australia.
Picking up some sad incidents happening around the world due to “being different”, she continued raising a question “What is being different?”
By comparing her two different travel experiences in China, she found a clue to answer the question of “being different”. In Guilin (桂林市) local people treated her as Japanese but in Ningbo (寧波市) she was mistakenly treated as Chinese. She concluded that it depends on who she was with. “I am who I am” the word she said sounded like a great mindset when you face with some problems caused by being “the same” and “different”.

Evaluation for the speech #1: TM J.S.
TM J.S. mentioned three good points and one suggestion for improvement. Firstly, the story was good because the speech was based on speaker’s own experience and driven by traveling. That helped the speech understandable. Secondary, using some visuals helped listeners imagine where she was. Thirdly, her friendly facial expression kept getting listener’s attention. The suggestion was the speech would be more powerful by having some more intonation like up and down or putting a pause and improving vocal variety.

Prepared speech #2: TM O.N.
Speech title: “Root”
The speech started with one thing everyone has thought about at least once in school. He recently got a question from his son, “Why should I study something you never use?”. Back in his junior high, he had the same question wondering why he had to study square root (√). He had been thinking it’s never used in social life, however, he recently changed his opinion on square root as he found it is hidden in many places. For example, A3 or A4 paper has an aspect ratio of 1 to √2 and which is called “silver ratio”. And he also showed that ratio is used in Horyu-ji temple(法隆寺)and in Draemon (ドラえもん). Next he introduced an idea of “golden ratio” which has 1 to (1+√5)/2 ratio. It is used in the Venus de Milo, the Mona Lisa and business cards. He pointed out how beautiful they are, and square root seems more important as you feel its beaty.

Evaluation for the speech #2: TM N.K.
TM N.K. picked up three good points and some suggestions for improvement. The first is starting the speech with a general question which is why we must study. The second is that the speech was persuasive because it delivered his own idea which was “math makes our life happy”. The third is giving some examples effectively reinforced the speaker’s message. One of the suggestions was bringing his core message to introduction part as it is persuasive speech. Another is using vocal variety and making eye contact.

General evaluation: TM N.H.
To TM J.S.
The evaluation had a clear structure giving three good points and one suggestion. It was better to mention the speaker’s last speech since it was her second speech. And It would be more detailed if TM J.S. shared which story he liked.

To TM N.K
His evaluation had also a clear structure. And it was good that he shared some techniques that would be helpful for everyone. However it’s better to speak more slowly.

Overall TM N.H. said it was great to hear some happy stories during the holidays from TM K.K. and TM R.T. They created a good meeting atmosphere. And she commented both TM K.M.’s. and TM O.N.’s speech ware really nice.
<日本語の部>
今夜の言葉はTM F.G.さんより「○○の兆し」でした。「物事が起こることを予想されるようなしるし」という意味です。亀甲のひび割れが漢字の由来になっているそうです。

役割
計時係:TM M.T. 集計係:TM R.T. 文法係/総合論評TM N.H. 例会レポート係 TM H.A.

準備スピーチ#1:TM Q.E.
スピーチタイトル:「なぜ日本?」

入会後初の自己紹介スピーチを披露して頂きました。来日して11年経つTM Q.E.さんが今でも「なぜ日本に来たのか」と頻繁に聞かれるため、その理由を詳しく説明してくださいました。
マレーシア出身の彼女はテレビ番組に出演していた中島美嘉さんの歌唱力とスタイルに強烈に心を惹きつけられました。それから彼女のリサーチを始め、そして歌を理解するために日本語を学ぶようになります。そしていつか生で中島美嘉さんを見たいと思うようになりました。当時高校生だったTM Q.E.さんは国の奨学金制度を使い日本への留学を果たします。そして来日1年目で中島美嘉さんのライブを訪れ、号泣したそうです。日本に来たのは中島美嘉さんのファンだからというシンプルな理由を語ってくれたTM Q.E.さんでしたが、今も長く住んでいるのは人の温かさや優しさ、また住みやすさを感じているからであり、これからも日本でいい思い出をつくっていきたいという温かい言葉でスピーチを締めくくって下さいました。

準備スピーチ#1への論評:TM K.K.
まずアイコンタクトが取れていたこと、話し方が自然であったことなど、基本のアプローチができていたことに感心されていました。そしてスピーチの良い点を3つあげられました。一点目は導入部で聴衆との関係構築ができていたこと、二点目は現在→過去(時系列)→現在に戻るという話の構造がよかったこと、三点目は固有名詞やセリフを盛り込んだ表現が聴衆の想像をかきたてていたことでした。最後に改善点として、使用していたZoomの背景を自分のスピーチの番が来た時に切り替えた方が効果的だった、また日本の温かさに触れたというところで何か具体的なエピソードがあるといいとのことでした。

準備スピーチ#2:TM A.O.
スピーチタイトル:「まさか!」
人生には3つの坂がある、上り坂、下り坂、そして“まさか!”ということで冒頭、先月の第93回アカデミー賞で起きたある出来事についてTM A.O.さんは触れていきます。主演男優賞は昨年逝去したチャドウィック・ボーズマンさんが有力視されるなか、受賞したのはなんとアンソニー・ホプキンスさん。しかも本人は「受賞すると思っていなかった」ということで会場にはいなかったという“まさか!”の事態が起きたという内容でした。
そこからホプキンスさんに焦点を当て、彼が演じた実在の人物17人すべてを紹介するというスピーチが怒涛の勢いで行われました。スライド1枚ずつに、年代、演じた人物名、映画のタイトル、写真がしっかりとまとめられ、彼が様々な役を演じてきたことが軽妙なトークで伝えられました。最後にホプキンスは演じる人物のリサーチを一切行わないということを引き合いに出し、「リサーチなんて必要なし!」という“まさか!”なオチでスピーチは締めくくられました。

準備スピーチ#2への論評:TM M.Y.
まずは目的通りのリサーチに力の込められたスピーチだったという印象を述べ、3つの良かった点をあげられました。一点目はタイトル通り“まさか!”が効果的にスピーチに反映されていたこと。冒頭のキャッチ―なジョークから、知らない人にもまさかの事態だったとわかるアカデミー賞授賞式の事件の説明、最後の伏線の回収までお見事でしたとのこと。二点目は持ち込んだスライドの資料がわかりやすかったということでした。スライドの写真に本人を演じるホプキンスに丸をつけてわかりやすくするなどの工夫をピックアップされました。三点目は話のテンポが良く流れるようだったということ、映画好きの熱意に聴衆は惹きつけられ続けたとコメントされました。完成度の高いスピーチで新たな提案は難しいとのことでしたが、少し人物の数を絞ることでよりホプキンスの人となりが伝わるのではないかと述べられました。

総合論評:TM N.H.
To TM K.K.
スピーチに対して“表現力がある”という評価だけで終わることなく、一歩進んで“それは固有名詞を使っていたから”という分析を行い、皆が応用できるような論評を行っていました。

To TM Y.M
スピーカーが工夫を凝らした点をきちんと取り上げて論評されていました。

例会全体に対しては、4人それぞれの個性が輝くスピーチだったこと、TMOE TM R.Tさんの高いファシリテーション力、TM F.Gさんの機知に富んだ今夜の言葉のチョイスを良かった点としてピックアップされました。

ビジネスセッション
教育担当 TM R.T.:次回のスピーカー募集中、ただし30分程度の役員選挙があるので人数未定です。