次回例会は2024年2月28日(水)

※例会はハイブリッド形式オンライン(zoom)と品川区きゅりあん(大井町駅周辺)での実施となります。

※ゲストとして例会に参加するには、このリンクをアクセスし、フォームを入力してください。

当クラブでは、平日 第2、4、5水曜日の夜に1時間の日本語の部と、1時間の英語の部バイリンガルでスピーチと論評を行います。

ゲストの方もご見学大歓迎です。(通常例会は無料です)。

見学の申し込み等は、お問い合わせメニューから、お願いします。予約無しでも、当日、会社帰りに直接会場に来ていただいても構いません。

英会話を勉強中の方、プレゼンテーションを練習したい方、ビジネススキルを上達させたい方、メンバーそれぞれいろいろな目標を持ってで参加しています。

ぜひ、あなたも仕事帰りにお気軽に見学にいらっしゃってください。

今後の活動予定はMeeting Schedule pageからご確認ください。

【コラム】
トーストマスターズの1年は7月~6月になります。

2月28日

ビスケットの日

全国ビスケット協会が1980(昭和55)年に制定し、翌年から実施。

1855(安政2)年のこの日、パンの製法を学ぶ為に長崎に留学していた水戸藩の柴田方庵が、同藩の萩信之助に、パン・ビスケットの製法を書いた「パン・ビスコイト製法書」を送った。これが、ビスケットの製法を記した日本初の文書とされている。

また、ビスケットの語原がラテン語で「二度焼かれた物」という意味の「ビス・コクトゥス(bis coctus)」であることから、「に(2)どや(8)く」の語呂合せの意味も持たせている。

 

【第448回例会レポート(2024年2月14日(水)19:00~21:00)】

[ English Session]
The number of participants Meeting room:7  Online:6   Guest:1   
TITMC President TM MA declared the meeting open on time at 7:00pm.
The TMOE was TM HH, and this was his first TMOE since joining TITMC.
The word of the evening was “Turning Point” shared by TM ON.

++Prepared Speech#1 by TM MK (time: 6’52”)
Title: “An apple to Share”
TM MK gave a heart-warming speech about her husband’s positive changes through his
illness. Her husband was the quintessential 1970’s company warrior and proud of it. Her
husband dedicated his life to his company, rarely took vacations, and prided himself on his
toughness. However, when he became ill in his 50s, he had to undergo rehabilitation such
as military-like training and even tried music therapy. Her husband did not surrender,
became available for help, showed a positive attitude, and grew. She is proud of such a
husband. This story is an apple that can be shared.


The Evaluator was TM WE (time: 3’38”)
TM WE mentioned some good points as follows:
The speaker’s face lit up when she was giving her speech, entertaining the audience.
There was an improvement in vocal variety compared to the first speech. From the content
of the speech, the audience could sense that the speaker was proud of her husband. Her
husband’s example of challenging spirit was empowering to the audience. She ended by
saying that she can’t wait to give her speech at the upcoming area contest.

++Table Topics: by TM MA
Table topics Master TM MA prepared four photos. Each speaker selected one of the photos
and improvised a speech expressing their mood for the day. The Table Topics speeches
are as follows:
TM NK gave a speech related to family circumstances. His daughter has a high school
entrance exam this year. She passed the entrance exam for a private high school, but the
results of the entrance exam for a public high school are not yet available. TM NK said
humorously he wanted more light until his daughter’s result became clear. (time: 2’08”)
TM YU selected a photo of a person holding his head. TM YU gave a speech humorously
saying that the stock he had recently purchased had gone down in price. (time: 1’00”)

GRAHCO’s report was done by TM KK
There was no filler word and no one used “turning point”, which wase word of the evening,
in the session. Interesting words were “company worrier”, “never surrender”, “public school
and private school”

General Evaluation was done by TM KY
TMOE HH performed the first TMOE with great success. For example, he made a
chocolate joke about Valentine’s Day. TM MK gave an almost perfect speech. Evaluator’s
TM WE did a deeper evaluation with a positive and uplifting tone on TM MK

[日本語セッション] 
TM ONから、今夜の言葉は、English sessionと同じ「変わり目」と紹介されました。

++準備スピーチ#1  TM NKさん   (time 7’05”)
Pathways: Engaging Humor, Lv3記述的言語の使用
タイトル 「いつもの!」
「Hey, master. いつもの!」という勢いのある入り方でスピーチを開始。食事に言った時、ついつい定番の食事をオーダーする自分と、その一方、オーダーをなかなか決められない同僚と奥さんの対比をし、自分の方が食事を楽しんでいないことに気づき、いつものオーダーをする自分を変えていこうとのこと。食べ物に関わらず、「いつもの!」を止めて、新たな発見、チャレンジを呼びかけるスピーチでした。

論評者(Evaluator)は TM AOさん  (time 3’33”)
良かった点として、3つ。オープニングを印象的にして聴衆の心を掴んだ点、スピーチのオープニングパートとエンディングパートが同じ長さで、スピーチ構成のタイムマネジメントがなされていた点、明確なテーマが有った点が挙げられました。改善点として、「いつもの!」は本当にいつも同じものなのか?自分が変化していれば、「いつもの!」も違う様に見えるのではないか?との、テーマ主題へのアンチテーゼを呈する哲学的な論評となりました。

++準備スピーチ#2 TM NSさん   (time 6’31”

Pathways: Presentation Mastery, Lv1 Evaluation and Feedback
タイトル 「今 ここ」
ご自身の転職直後、社内の情報の行き過ぎた共有により集中力を維持出来なくなり、マインドフルネスを始めたという実体験を題材にした内容。マインドフルネスとは、今、この瞬間に、ここに意識を置いた状態を、ありのままに受け入れて、今ここに集中している状態のこと。マインドフルネスを始めて2年、緊張を低減することが出来、役立っているという、情報の海に溺れている我々に役立つスピーチでした。

論評者(Evaluator)は TM KAさん  (time 3’37”)
良かった点として、間を入れながら、ゆっくりしたスピードで自信を見せながら話をしており、聴衆に安心感を与えることが出来ていたとの指摘。改善点として、リモート参加のため、アイコンタクトが十分でなかった事、オープニングの音叉の音がNoise reduction機能で聞こえなかった事の指摘が有りました。

++準備スピーチ#3  TM KMさん   (time 6’55”)
Pathways: Leadership Development, Lv2 Managing Time
タイトル 「3月13日にむけて」
3月13日のエリアスピーチコンテストのコンテスト委員長を任されているTM KMさんの思いの表明のスピーチでした。ご自身の仕事の経験を活かしながら、自分なりに目標を設定し、じっくりと取り組んでいくつもり。一人では出来ないので、役割分担をお願いし、スケジュールを作成、連携を取りながら進めていきたい。他クラブのサイトを見ることで新たな発見をしている。など、ご自身としても学びの機会として、小さな転機にしていきたいとの、意気込みをかんじさせる内容でした。3月13日のエリアコンテストが、ますます楽しみになりました。

論評者(Evaluator)は TM YUさん  (time 3’33”)
良かった点として、スピーチテーマとマニュアルPathwaysのテーマが合致していた。コンテストチェアの役割を全うし、学びの場にしたいとの意欲が感じられた。スピーチ目標であるタイムマネジメントが出来ていいた。スピーチタイトルを工夫することで、聴衆の意識を惹きつけることが出来ていた。エリアコンテストに向けた意気込みを感じた。との指摘が有りました。

++文法報告:by TM KK
Filler wordは散見されたが、大きくは気にならなかった。
良い表現として「丸の内サラリーマンの洗礼」、「情報の海」、「アンチテーゼ」。

++総合論評:by TM KY
初TMOEのTM HHさんは、例会を進めながら、進行に慣れてきていることが分かった。また、TM ONさんが、今夜の言葉の定義をゲストのために説明したことが良かった。論評者への論評として、以下の指摘が有りました。TM AOさんはスピーチの入り方のコツ、時間構成の指摘が有用で有った。TM KAさんはスピーカーのTM NSの見て欲しいところを適切に指摘していた。TM YUさんはタイトルの聴衆を引き込む効果という面白い観点の指摘をしえいた。改善点として、論評者全員が若干ながら時間オーバーで有った。

< 表彰 >
The Best Speaker: TM NS
The Best Evaluator: TM AO
The Best Table Topics :TM NK

by TM ON

【第447回例会レポート(2024/1/31(水)19:00~21:00)】

[日本語セッション] 

定刻通り7:00pmにTITMC会長のTM MAさんが開会を宣言されました。

今夜の言葉は「滋味」との通達がTMOE ONよりTM NHに代わって示されました。

<日本語スピーチの部>

++準備スピーチ#1  TM HHさん   (time 6’30”)

Pathways: Presentation Mastery,  Lv2 自分のコミュニケーションスタイルを理解する

タイトル 「課題の分離」

TM HHの職場にいるA君が報連相してこないことを、実際にあったやりとりを紹介されながら説明されました。対人関係の悩みに面した際、相手の課題か、自分の課題かを線引きすることで自分がコントロールできないストレスを軽減できるという内容でした。

論評者(Evaluator)は TM KYさん  (time 2’15”)

良かった点として、様々な言葉で自分の気持ちを表現された点、リラックスしてはっきりとして聞きやすかった点、登場人物を上手く使い分けていた点、を挙げられました。改善点としてボディランゲージが多く良かったが、もう少しメリハリをつけてみてはどうか、という提案をされました。

Pathways: Visionary,  Lv3 ストーリーテリングを理解する

++準備スピーチ#2 TM MAさん   (time 6’47””)

タイトル 「Dear future, we are ready」

ご自身の新人時代の1級建築士の試験への挑戦についてスピーチされました。試験に向き合う際の葛藤や困難について説明されました。模擬試験での図面添削時のやりとりから生まれた他受験生との連帯感や気づきとトーストマスターズクラブとの共通点を実体験に基づいて話されました。

論評者(Evaluator)は TM AOさん  (time 3’15”)

実体験を基にしたスピーチでよかった点、1次情報が使われており、説得力があった点、数字が含まれており、具体性が増した点について評価されました。改善点として、登場人物を「彼女」と最初表現し、途中で「彼女」=自分だと判明させたが、人称に一貫性を持たせること、結論を最初に持ってくること、「今日の言葉」を使うチャンスがあったこと、について言及されました。

++総合論評:by TM MK

最初に総合論評の役割について丁寧に説明されました。発表者、論評者、の背景を押さえた上で発表者や論評者のポジティブな点(ジェスチャー、具体性、構成)を的確に捉え、フィードバックされました。

[ English Session]

The word of the evening was “Relish” shared by TM ON instead of TM NH.

++Prepared Speech #1  by TM KK      (time: 7’11”)

Title: “four suggestions I couldn’t say”

TM KK made suggestions for important persons around her. 1. (for biological mother) you cooked meal every day. But dishes were same. 2. (for biological father) you eat cake for special occasion, but stop buying too many cakes. 3.(for mother in law) you are very kind but stop drinking too much. 4. (for father in law), you play with daughter but stop painting color box without permission. Based on her suggestions, she expressed love and appreciation for each one.

The Evaluator was TM JS (time: 3’26”)

TM JS mentioned 3 good points. 1.structure: very clear and understandable speech background, 2. getting audience interest: we can imagine what’s going on. 3. body language: speech technic was well managed. On the other hands, bigger gesture will make speech more exciting.

++Table Topics: by SE

SE took on role of TT in spite of short notice and gave us interesting questions.

 — topic—                —(Speaker)—       —(time)—   

Q1: If you are going to have a pet, Dog or Cat? And why?  (TM YU) (1’30”)

Q2: Which do you prefer Rice or bread for breakfast? And why? (TM KA) (2’10”)

Q3: Which is more valuable money or love for you? And why? (KK) (1’15”)

Q4: If you can go back to the past or go to future, which would you like to choose? (SO)   (1’37”)

Q5: Which do you think better to have own house or rental apartment? (TM AO)

(1’25’’)

++General Evaluation: by TM MK

Thank you TM SE, who kindly took on the role of TT in spite of short notice. Evaluation by JS was also great and convincing. Moving too much sometimes looks nervous though, it looks energetic and confidence.

Guest comment

This is 2nd time for him to join TM. Positive vibe from the class, higher level of speeches. Positively thinking about joining TM.

NH, AO, KK, KK, NH, NK, TM, MA, ON were awarded by TM for their contributions to TM.

Meeting was closed with positive atmosphere.

< 表彰 >

The Best Speaker: TM MA

The Best Evaluator: TM JS

The Best Table Topics :TM KK

参加者 会場:10名

    オンライン:3名

    ゲスト:1名

by  TM SO