MEETING REPORT Jun 24th, 2020

日本語セッション

今年度最後の例会は、7回目のZoomでの開催。皆さん慣れたもので、時間どおりに集合。今回もお二方のゲストに来ていただいて、
総勢17名での開催となった。

会長のTM ATさんのオープニング。在宅勤務がながくなり、仕事の合間に家事を済ませることが楽しいと、まさにワークライフバランスを絶妙に
とった生活の術を披露。あまりにも連日洗濯をするようになったため、水道局から、水道漏れを心配されるというハプニング。本日のTMOEのTM NK
さんも同じ経験を先日したということで、皆さん、在宅が長くなることを有意義に活用されているようです。

で、今日の今夜の言葉は、久しぶりにご参加いただいた TM GKさんの 「待ち遠しい」という言葉を披露。早くまたみんなで集まれる機会、元通り
の生活に戻れることが待ち遠しいということで、今夜の言葉を選択していただいた。

日本語セッションの最初の準備スピーチは、TM KAさん。スピーチは、

#1 準備スピーチ

Pathways Visionary Communication
Project Lv2 Understanding Your Leadership Style
Title 「我が家のジョンFケネディ」

いつものように軽快な語り口、柔和な表情での語り。我が家のジョンFケネディとは、奥さまのこととか。
奥さまは、温泉に行きたい、テニスをしたい、とビジョンを語り、そのプロジェクトにTM KAさんを巻き込んで、実現させるというリーダーシップを
ユーモラスにご紹介。

一方で、安倍総理は、2月末に唐突に一斉休校を指示したり、科学的根拠を示さずに、方針だしをしてしまい、国民の共感を得られなかったという比較
分析を行った。

#2 準備スピーチ

Pathways
Project Connect with Storytelling
Title 「マッチ売りの少女」

久しぶりの準備スピーチのTM ONさん。初めてのZoomでのスピーチだったが、初めてとは思えないくらい、Zoomの特性や機能を使った興味深い内容と
なった。

スピーチでは、マッチ売りの少女を紹介。ご自分が、その昔、乗車したバスのガイドさんがしてくれたマッチ売りの少女の話。途中、クリスマスツリー
のくだりでは、Zoomの背景をクリスマスツリーの写真に切り替えるという新たな技を披露。

また、マッチ売りの少女が書かれた時代背景にも触れ、当時は、飢餓、マルクス共産党政権の時代、マッチは開発されたばかりの最新技術により生まれた
ものであるという新しい視点。

スピーチの最後には、スピーチ中、マッチと何回言ったかをクイズにして、聴衆へ問いかけるという、さらにそれぞZoomの機能で該当する選択肢に挙手
をさせるという荒業を紹介。

まさに、新しいものづくしのスピーチでした。

#1 論評

TM RTさんから論評。最初に自分のリーダーシップのスタイルを語り、身近な例(奥さん)と大きな例(コロナ)を使い、また、成功例と失敗例を例示
するという対比をさせながらスピーチを展開させる説得力のある論旨、Privateな話もありユーモア、顔の見えるスピーチ、斬新な視点やオリジナリティ
のある内容を評価。 一方で、改善点として、結論部にもう少し力強さが欲しかった点を指摘。

#2 論評

TM TMさんのユーモラスな論評。やられた、ふりまわされたと。Zoomの背景を変える、挙手機能を使う等、斬新なスピーチスタイルへのチャレンジ精神を
高く評価。マッチと就活話のコントラスト、マッチ売りの少女という悲しい話をコメディタッチでの話し方でより際立たせる点を評価。
一方で、声の抑揚、変化をつけるともっとインパクトを出せたのではという提案。

-English Session

Same as Japanese Session, TM GK proposed to use ” Looking forward to ” as a Word of the Evening, he encouraged us to use the word in each section.
One Prepared speech for English session, because of time constrained, as we have a ceremony for transition from current officers to new officers in the
last part.

#1 Prepared Speech

TM RK made a fierst speech for Pathways, she is DTM with previous manuals, so migrate to Pathways world from this speech.

Pathways Dynamic Leadership
Project Lv1 Ice Breaker
Title 「the 8th Anniersary」

She decided to deliver a speech because the day for the meeting 24th June is memorial day for her to join Toastmasters club 8 years ago,this is
8th anniversary day for her.
She had rich experience in Toastmasters club in multiple clubs. The speech was not so well prepared, non prepared speech she indicated.

One of the impressive memories is the story for a club president. She was a club officer in the same club, so the person requested her to take an action like
to reply to inquiries from a guest.But it was a fruitful experience for her.

Completion of DTM made her feel as if the life of toastmasters is over, but recognize this is another challenge to wrestle Pathways from now on.

#1 Evaluation

TM AO listed us lots of great points for her speech, like very informative and great structure. One suggestion is more explanation to Toastmasters‘ terminology like DTM
would help to understand easier especially for guests. More information for such a terminology helped them to understand more, but overall speech was great.

After that, we held the ceremony for current/new officers transition, and discussed how we are going to have regular meetings from July onwards.

This was a joyful and great atmosphere for all of the attendees, and I appreciate their greatest effort to make the meeting great.

MEETING REPORT Jun 10th, 2020

Meeting report
#348 Tokyo International TMC online meeting
We’ve had several times online meetings before this meeting, so we’re getting use to sitting
in front of our PC or Tablet. There were no guests, but we gathered on time.
As same as ordinal meeting, our president TM T called #348 TITMC online meeting started.
Participants looked relax, because they attended this meeting from their home.
Tonight, we had English session for the first half. Tonight’s MC, TMOE was TM AI. He is
always calm and relaxed. (I love his way of talking and making interesting speeches.)
In the role introductions, each role takers briefly explained their roles.
And, today’s word of the evening was “suddenly ( or sudden)” showed by TM “KJ”.
Next was prepared speech #1, by TM “O”. He always made speech with magic or jokes.
His speech was Pathways Level 3 project, “Know Your Sense of Humor” and speech title
"This joke always gets a laugh”. I thought this project was most suitable for TM “O”.
He made his speech introduced jokes and asked audience whether those jokes were funny
or not (how did audience feel).
He showed 7 jokes, and asked “Did you understand this joke and feel funny?”
Some of jokes weren’t understood in a short time, but I thought 80% of them were
understood and felt funny.
One of the jokes I liked most was below.
“I received an invitation of Apple computer's dinner party.
There are two notes were written in it.
One, please enjoy foods as you please. But do not fill your stomach with foods.
Two, you may talk with anyone freely. But please avoid intelligent topics.
At first, I was puzzled suddenly I understood.
It's based on Stay hungry, stay foolish policy.
Next was table topics session by TM “KN”.
This was the first time our club had table topics session at the online meeting.
She sent a line male beforehand to think about her table topic question.
She asked some questions with showing a matryoshka doll, souvenir from Russia about
“items”.
#1: Please tell your memorable “item” you have and why.
TM H answered, “Scarf”. That was sent from her mother. And she traveled abroad
with that scarf.
#2: Please tell your “item” you want to give ( or recommend) someone and why.
TM KJ answered “Cushion”. And he wanted to give it to TM KN, because he thought TM
KN was hard worker. He wanted her to be refreshed and relaxed.
#3: Please tell your most harsh memory about the “item” you have.
TM AI answered ”A Pokempon” ball for Game of Pokemon Plus. He had enjoyed
“Pokemon go” walking around everywhere. But he lost it (previous one), and had to get
another one.
#4: Please tell how did you met your “item”.
TM N answered “Balance chair”. He found it in a library. And he felt it was confortable.
#5: please tell your love to the “item” you have.
TM Y answered “old clock”. He bought it when he was junior high school student. He
loved that clock so much that he brought it for oversea travel.
We fully enjoyed TM KN’s table topic session!
Next, evaluation for TM O’s prepared speech by TM H,
I felt TM H always evaluates logically, and she did so tonight.
She mentioned TM O’s jokes, humor and surrealism.
She praised TM O’s way of starting speech and grubbing audience’s attention.

Also she suggested that where was TM O’s speech goal? Audience enjoyed your speech
but she felt his speech goal was vague,.
General evaluator was TM M, suddenly assigned tonight.
In spite of attending after long time, she did superb General evaluation.
She described concisely how our club’s online meeting was going, and evaluated TM H’s
evaluation for TM O. Thank you TM M.
First half, English session had finished. And each attendee took a break.
後半は日本語セッションです。
役割の前半で説明済なので、担当するメンバーの名前の紹介のみです。
計時係はTM T、投票係はTM E、文法係はTM KI、例会レポート係はTM Y。
「今夜の言葉」はTM KJから「おそるおそる」という言葉を選出されました。コロナ禍か
らようやく経済社会活動を回復させる様子をあらわす表現です。
準備スピーチ1人目はTM SG。
Pathways: Innovative PlanningのLevel 1: Evaluation and Feedback (Japanese)
(2nd speech)です。
スピーチタイトルは「 クリスマスが過ぎて、そして。」
TM SGが仲間と自作のオーディオドラマをWeb上に公開したことを前回のスピーチで紹介
し、その後東京インターのメンバーやSNS上で受けたフィードバック等を今回の、スピー
チに反映させた内容でした。作品についてのフィードバックをもらうことが素直に嬉しい
様子がよく理解できました。分析をしながら楽しそうにスピーチしているのが印象的でし
た。
準備スピーチ2人目はTM AK。
Pathways:洞察力に富むコミュニケーションのLevel 1: リサーチとプレゼンテーション
スピーチタイトルは「継承」
仕事柄、建物に関して造詣の深いTM AK。今回は住宅の「継承」、神戸にある洋館、街の
文化財として歴史的価値のある洋館の継承についてのスピーチです。伝えたいことが分か
りやすく構成されたスピーチで、文化財として登録された洋館が民間(個人)に「継承」
されたことをうれしく思うという内容でした。住宅の写真やスライドを上手に使った、分
かりやすい構成のスピーチでした。
TM SGの準備スピーチに対する論評はTM SW。
TM SGのオーディオドラマに対して、周囲の人やWeb上で受け取った意見・感想に対して
のリアクションを盛り込んで、「気づきを得た」ことを分かりやすい構成で、ビジュアル
エイドも上手に使っていたとコメント。また、前回スピーチの論評で指摘のあった「ピー
クをどこに持ってくるか」ということも考えられていたと論評。
TM AKの準備スピーチに対する論評はTM N。
オンラインでの接続状態が悪く、TM AKのスピーチの6割位しか聞き取れなかったとのこ
とでしたが、条件が悪い中でもしっかりと論評をされていました。TM AKのスピーチでは
資料スライドを的確に使用し伝えたいメッセージを伝えられていたこと、格調の高い雰囲
気だったと論評。改善点としては(場合によると思いますが)ユーモアがあってもよかっ
たとも論評。

総合論評は英語の部に引き続き、TM Mが担当。
日本語でも、会全体の進行や論評者に対して的確な論評をされ、こちらも「うんうん、そ
のとおり」と納得。オンライン例会ならではの論評で、参加者の「背景」や、音声の活舌
についても言及。特にイタリアの街を背景にしたTM SWの画面が秀逸でした。
また、TM KIの画面には、かわいい「猫ちゃん(TM Eの家の猫ちゃん)」を取り込んで頭
の上にのせて登場させる等して、とても和ませるものになっていました。
さて、お待ちかね本日のベスト○○の発表です。ドラムロール(皆PCの端を叩きながら
…)テーブルトピックスピーカーは、TM HとTM A、
ベスト論評者は TM SW
そして、ベストスピーカーはTM Aでした。TM Aおめでとうございます!!
メンバーがオンラインに慣れてきた様子で本日も無事例会が終了しました。
それではまた次回のオンライン例会でお会いしましょう!!
Report By TM Y.

MEETING REPORT May 13rd, 2020

【第315回例会レポート (2020/05/13(水)20:00~22:00)】

Tonight, we have an online zoom meeting.
Toastmaster of the evening was TM R.K.
The word of the day was “Kudos to sombody” by TM R.T.

The example is “Kudos to health care worker.”

Speech #1 (TM K.K.):
Pathways “Innovative Planning”
Project name: Level 4 Public Relations Strategies
Title: “How to communicate to target people”

He revealed his PR Plan for Tokyo International Toastmasters Club!
First of all, he showed current member statistics.
And he analyzed what kind of people are the target for our club.
Then, he listed the tools for those targeted people, which are ”Website, Facebook, Meetup”.
He focused his speech to “Website”. He demonstrated our website SEO status and commented how to improve.

He summarized and analyzed our current status and mentioned how to revise in the limited time.
I think it’s a great start to promote our club.

Evaluator TM N.K. evaluated TM K.K..

日本語セッション

今夜の言葉はTM R.T.さんより「ほのぼの」でした。

スピーチ #2 (TM T.M.):
Pathways “Innovative Planning” Level 4 「プロジェクトの効率的な管理」
タイトル:「オンラインスピーチ向上プロジェクト」

このプロジェクトは本クラブで初登場でしたので、プロジェクトの説明から始まりました。
まず、プロジェクトを宣言し、その説明をするスピーチを行う(今回)
その後、プロジェクトを実施し、その報告スピーチをする(次回)
という構成です。Level4ともなると手の込んだプロジェクトになってきますね。

TM T.M.さんはプロジェクトを「オンラインスピーチ向上プロジェクト」と定めました。
理由としては、オンライン例会でのスピーカー不足や、時間管理などの勝手が違う点、テレワークにも役立つ
を揚げられ、アンケートを実施するので、ご協力を!と訴えました。

よくまとめられたスライドが印象的で、プロジェクト概要には、Googleアンケートで予算0円、プロジェクト期間は1か月と
簡潔に記載され、成果物についてもわかりやすくまとめられていました。

スピーチ #3 (TM A.T.):
CC#10:「聞き手を鼓舞する」
タイトル:「自粛生活を120%楽しむために」

自粛生活が長引く中、TM A.T.さんは意外と自粛生活を楽しんでいる自分に気づき、その楽しみ方を共有してくれました。
①大掃除
年末は水が冷たいし、気候がベストな今が掃除によい。効果としては快適度があがり、達成感がある
②料理
手間のかかる料理(春巻き)やパウンドケーキ(レモン味のケーキ)を作った。
できあがりが見えるので達成感があり、しかも、おいしい
③読書
おすすめの本として、動物のお医者さん(佐々木倫子 著)を紹介されました。誰も死なないのでお勧めとのこと。
④ゲーム
「Detroit: Become Human」というテレビゲーム。
選択式アドベンチャーで、難しい操作が必要なく、映画のような重厚なストーリーで選択次第で多様な結末になる。
部隊は2038年の近未来のデトロイト。アンドロイド産業の街だが、ヒトとアンドロイドは共存できるのか?というテーマ。
⑤映画
HuluやNetflixもいいけれど、「National Theatre home」というロイヤルナショナルシアターで上演された舞台作品がYouTubeで公開されている。
https://www.nationaltheatre.org.uk/nt-at-home
現在は、Antony & Cleopatraが公開中。「全人類が見るべき!」とのコメント

最後に自粛生活のコツをまとめられました。
1. 明確な達成感があること(スモールサクセスを経験することで心が前向きに)
2. 心を落ち着かせること(普段の落ち着いて楽しめるもの)

気をつけることとしては下記を挙げられました。
– 不安やストレスを避ける
– 情報を仕入れすぎない
– がんばりすぎない

「普通でない状況下、普通に生きているだけで100点」「例会に出席すれば120点」というまさに名言で締めくくりました。

TM N.H.さんは、TM T.M.さんの論評
TM A.O.さんは、TM A.T.さんの論評

総合論評はTM M.A.さんでした。

ベスト論評賞はTM N.H.さん、
ベストスピーカーはTM A.T.さん でした。
おめでとうございます!

ゲスト2名もオンラインでご参加いただきました。
また、是非ご参加ください!

K.A.

MEETING REPORT April 22nd, 2020

[日本語の部]
3回目のzoom meeting です。会長のTM ATさんによる皆さんへの労いの言葉から始まります。こんな時でも温かく例会は始まるのでした。
TMOEはTM TMさん。にこやかで安定感抜群はいつもどおり、ZOOMも手慣れた操作です。 様々なバーチャル背景の紹介に、皆も色々と試してみたくなりました。
今夜の言葉はTM AOさん。「怒り心頭に発する」。「達する」ではなく「発する」ですよ、ということもボードを示しながら解説。コロナへの苛立ちからスーパーの店員さんに突っかかっている人を見かけての発案でした。私も「達する」だと思っていました・・・。

準備スピーチ#1 High Performance Leadership Manual
「結果報告!『楽しく使いこなそう!日本のトーストマスターズ』WS」 TM RKさん (time 7’29)
前回の15分間にわたるWS(ワークショップ)に対する成果報告です。WSの効果を確認するためメンバーには事前にメールでアンケートがありました。アンケート結果を次々報告することから始まりますが、そんな場面でも、聴衆を惹きつけるよう、問いかけや自虐ネタを上手に織り込みます。オンラインでの共有画面はTM RKさんのスライドなのですが、全ての聴衆の顔が見えているかのような進行はさすがでした。アンケートの感想からは、TMの歴史や意義をもう少し入れてはという建設的な意見や、実際に他のクラブに参加するための下調べの紹介、また他のクラブへの参加意欲が増した理由などが綴られて、幅広く意見を集めることができましたとのこと。最後に近く他のクラブのオンライン例会の紹介がありました。オンライン例会の開催が増えているこの頃は、家に居ながらにして日本中、世界中のクラブをゲスト訪問できるチャンスですね。

論評者はTM KSさん (time 3’23)
いつもながらの包み込むようなあたたかい口調から始まります。良い点として、このWSは「ハイパフォーマンスリーダーシップマニュアル」に拠っていて、リーダーシップを実現する、それをシェアする、リードするところを見せてあげるという目的があり、それに適っているというところ。次にオンラインで行うという大変な状況でも、豊かな経験を生かして新しい出会いがあるように導いたところを挙げました。本人が今回のWSから新たに得ることができたことを発表してくれると尚嬉しいというリクエストが添えられました。

準備スピーチ#2:CC#9 “Powerful Persuasion”
「聖地巡礼のすすめ」 TM ATさん (time 7’22”)
聖地巡礼の中でもドラマ部門です。BBCドラマ”SHERLOCK“にはまりロンドンの「世界一有名な番地」を訪ねた体験から、聖地巡礼がいかに楽しいか、楽しむためのポイントをお話しいただきました。他の巡礼者との出会いと交流のリアル、2Dで見ていたものが3Dに立ち上がる感動、そして巡礼において守るべきマナーなどを力説されていましたが、何よりもご本人の輝く笑顔が楽しさを物語っていたような・・・!? きれいな写真を交えての力のこもったスピーチでした。
論評者はTM KKさん (time 3’34)
パワフルな説得というマニュアルのお題にかなう内容ということで良かった点を3つ。導入でご時世に合わせてコロナ自粛から旅行へと想像を向けたこと、本人の具体的な体験を示したことで聴衆に共感を持たせやすかったこと、良い点と気を付ける点を示したことにより説得力を増したことを挙げました。全体に「めっちゃ楽しい!」という本人の感動がスピーチの言葉や画像から伝わることで説得力が増しました。
最後に、本当は「思い立ったら即実行!」と、続きたいのは山々だけれどコロナ自粛の日々なので、ファンサイトでの共有など、聖地ならではのすぐに実行できる準備などを紹介してくれると良いのでは、という指摘がありました。切れ味鋭い論評でした。

文法報告はTM AOさんから。文法の指摘にとどまらずそれぞれのスピーチ内での素敵な言葉のピックアップが盛り沢山です。どんな展開の中でも丁寧な言い回しをされている点、気持ちが前に出て印象深い表現が表れている点を、細かく拾い上げてくださりました。他のメンバーにとっても、それぞれの個性の際立つスピーチのディテールを再確認する機会になりました。
今日の言葉「怒り心頭に発する」が誰からも使われず、内心がっかりなTM AOさんでしたが、「このクラブはマザーテレサのように穏やかな方々ばかりなので不適切な選択だった」と自ら反省。そこにTM TMさんより「誰も使ってくれなくて、本当は“怒り心頭・・・”と言いたかったのでは?」とのツッコミが・・・!

総合論評はTM NKさん。TM KSさんには、次のスピーチにつながるネタを提供できると尚良いということ、TM KKさんには論評の順番に関する指摘がありました。

久しぶりに前半のみ参加されたTM JKさんからも一言。このご時勢にも変わらぬ皆さんの向上心に魅了されました!とのこと。大変そうな中ですがまたお待ちしていますね!

[English Session]
The word of the day is ”Bite the Bullet” by TM AO. It means to hold back pain or to be patient. It’s so fit for this stay–home-situation!

Prepared Speech #1:Pathways “Innovative Plannning” Level3 Inspire your Audience
“The Last Evidence” : TM TM (time 7’50”)
TM TM firstly showed a beautifully typed slide, AI is Artificial Intelligence. And he introduced, for example, 94% jobs of accountants and auditors might be replaced by AI and Robots. In fact, by doing try-and-error, the AI interpretation became clever day by day. And we concern about AI “Singularity”…like some movies. Will AI dominate the world? He asked the difference between AI and human. He mentioned about self- consciousness of identity, mind and heart. He mentioned just same as “I think therefore I am” by Descartes. Thinking day by day, it is Sanctuary for us. It’s the last evidence of human being. His message inspired audience who has a fearness for Singularity .

His evaluator is TM EK. (time 3’27”)
She mentioned 2 good points about the speech. Firstly, TM TM compared AI’s good points and bad points. Secondly, he made the speech so clearly through his visual aids, it was so easy to understand for audience. At the end, she mentioned her some questions whether AI might have a self-confidence or own ideas in the future. That was the meaning for us because of fearness.

Table Topics is produced by TM KA. He asked 3 questions about this corona situation.
1) How to enjoy your stay-home situation? by TM MA (time 1’20”)
She enjoys with her children by sewing dresses, making meals and so on. Even in this situation, children grow up day by day. To see something growing up is a pleasure for her.
2) How to enjoy your online meeting? by TM AO (time 1’24”)
Unfortunately he dislikes online meetings because he doesn’t like to show his face on the screen. He considers himself to be too self-conscious. But he realized just to turn off his camera. It is a good idea!
3) How to keep your heath? by TM NH (time 1’14”)
She doesn’t like exercise. But in this situation she began to use “a pilates ring”. From her room she showed how to use it through her camera to our screen. We can know it easily!

General Evaluator is TM NK. He mentioned that the evaluation by TM EK had 2 good points. Firstly, she evaluated so clearly for audience, 2 good points and 1 improve point. Secondly, she evaluated along his speech project, ”Inspire Your Audience”. It is an important point. And he recommended TM KA to select three-table-topics more differently even if all of us were so conscious for Corona situation, for example to select what you want to do after it finished. It was dare high hurdle he gave to TMKA.

The third online meeting has completed warmly even in this hard situation. Next meeting is May 13, the fourth online meeting.

The Best Speaker :TM AT
The Best Evaluator: :TM KK
The Best Table Topics Speaker :TM NH
Written by TM MA

MEETING REPORT April 8th, 2020

April 8, 2020, our 2nd Online Meeting by ZOOM.
We had “SPECIAL WORKSHOP” by TM R.K..

TM A.T. ,our President started today’s meeting.

<English Session>

Today’s TMOE(Toastmaster of the evening) was me,TM K.K..

Today’s WOE (Word of Evening) was “move on” by TM K.S.,
we needed to “move on” despite such a BAD situation due to COVID-19.

Prepared speech #1
First speaker was TM R.T., speech title was “モラハラ注意報”.

She expained about the point of moral harassment by interesting story and
Power point slides.
Her speech was very Speedy like “roller coaster”, but hit our heart very much.

Prepared speech #2
Second speaker was TM N.H., speech title was “The hero’s journey”.

She talked about Mentor and Hero using some materials from movie.
Her message was “good menter lead hero”.

Evaluation #1

TM A.O. evaluated TM R.T.’s sppech.
He named TM R.T.s speech “roller coaster”, because her speech was
Speedy and thrilling.
Also he said “God Speech”, because opening was “Taiwanese God”,
ending was “Greek god”.

He got “Best Evaluator”.

Evaluation #2

TM J.S. evaluaterd TM N.H.’s speech.
He evaluated her speech by 3-good points and 1-suggestion.
3-good points were “presentation slide”,”vocal variety” and “Speech structure”.

GE(General Evaluator) by TM A.T.
She evaluated TM A.O.’s and TM J.S.’s evaluation, and commented to English session.
She said that speakers used “Visual aid” and members used “Chat system” for online meeting.
The online meeting was continued for while, we had to think out and enjoy online meeting.

<日本語セッション>

TM K.S.による日本語の今夜の言葉は「だからこそ」。
コロナウィルスの影響で不安な日々が続いていますが、「だからこそ」楽しい例会にしましょう。

日本語セッションはTM R.K.によるワークショップ「楽しく使いこなそう!日本のトーストマスターズ」。
トーストマスターズ教育の最高賞「DTM(distinguished Toastmaster)」の獲得に向けたワークショップでした。
トーストマスターズをより楽しむための方法として、組織の説明や会員アンケートの結果、
TM R.K. 本人やメンバーの体験談を活用し、他のクラブとの関わり方や、より楽しむ方法を
説明されました。

後日アンケートの結果、メンバーの半数以上が「他クラブを訪問したくなった」と回答していました。

スピーチ2本とワークショップ1本と、今回も内容豊富な例会でした。
次回以降もしばらくはオンラインミーティングが続きますが、楽しんでいきましょう。

Written by N.K.

MEETING REPORT MAR 25TH, 2020

March 25 th, 2020 was the historical day of our club!

It was the first time Online Meeting for us.

About fourteen members gathered and enjoyed this web-meeting.

TM K.K. ,our VPE (Vice Presidents Educational) started today’s meeting with encouraging us to get through this situation .

<English Session>

Today’s TMOE(Toastmaster of the evening) was me,TM K.S..

I was so excited,thrilled and happy to taking TMOE role on this meeting.

All of us are now in world-wide difficult situation.

But I believe we can adapt and turn the situation around positively for the future.

TM H.Y. selected the word “Seclude” as ‘Word of the evening ‘ .

Prepared speech #1
First speaker was TM T.M..
His speech title was “Authentic Confidence”

He explained about the difference between deduction feedback and addition feedback

with his experience before and after Toastmasters.

“Think addition .Not deduction.”

His message is really educational and impressive for us as Toastmaster members.

His evaluator was TM R.T..
She praised his speech’s structure and contents which has many good topics.

She also mentioned about his visual aid as one more good point.

And she suggested if his conclusion page of visual aid wasn’t monochrome but colorful , his message would be enhanced more and more.

<Ice-Break Session>

中間コーナーでは、アイスブレークとして、参加者全員で近況などをリレー形式で話をしていきました。

コロナウイルスによる影響を反映して、出勤の様子や職場の状況、近所の風景、自宅待機になった話、

在宅ワークの様子、映画007新作延期に雑誌内容が間に合わない話、

楽器メーカーが有料ソフトを在宅者のためにフリーで配布している話・・・などなど。

内容は、現在の状況を反映してシリアスなものが多かったのですが、

それ以上に久しぶりに聞けるメンバーたちの声にいつものこのクラブの雰囲気を感じることができたコーナーでした。

<日本語セッション>

TM H.Y.の選んだ日本語の今夜の言葉は『籠る』『巣ごもり』・・・うーん、タイムリー。

日本語のスピーチは、TM R.K.のHigh Performance Leadershipというプログラムに従った

スピーチ。High Performance Leadershipとは、どのような教育プログラムか紹介するとともに、

次回から進めるワークショップについて、親しみやすく、また丁寧に説明されました。

ただ単に、ワークショップの内容紹介だけでなく、このクラブの内向的な弱点に触れて、

この外のクラブとのジョイント活動について、ほかのメンバーの経験も交えながら皆で議論に

関われるワークショップにしたいと意気込みを語りました。

TM R.Kのスピーチの論評はTM.K.K.。良い点として、このHPLテーマの動機になったきっかけの紹介をしていた点、

そして、このプロジェクトを皆を巻き込んでやろうと企画している点を挙げていました。

さらに、自分のエピソードを交えるとさらに良くなるのではと、提案されていました。

続いては、今回のエンタメコーナー『私の宅飲みスタイル』トピックスコーナーです。

今回は、3人の方にそれぞれの宅飲みスタイルを紹介してもらいます。

まず一人目は、TM.R.T.。ワインに合う”激オシ”のおつまみを紹介してくれました。

某有名チーズに黒ゴマのソフトクラッカー+赤ワイン、聴いただけで定番のおいしさです。

そして次に紹介するのが、某有名チーズにいぶりガッコ+日本酒、意外性がありますが、

しゃれたビジュアルにみな、”うまそー”連発でした。

二人目は、TM T.M.。”最強のおつまみはシチュエーションだ!”と

話始めます。沖縄にスキューバーダイビングに行った時の、

インストラクターと野外で広げたテーブルに、近所の漁師さんや

近くの売店のおばちゃんが、手土産持ちながらふらっとやってきて、

飲み会が自然とはじまる。飲んびりとした空気がおつまみだと印象的なスピーチでした。

そして、3人目はTM H.Y.。既に飲みながら、そこそこ出来上がった感じでの参入です。

レモン堂を片手ににいただきますと取り出したのは、海外から戻った娘さんのお土産の

ブタの皮のおつまみ。ぱりぱりといい音をさせながら、本当に幸せそうに飲んでました。

本日は総合論評も、3人の方にバリエーション豊かな一言論評をいただきました。

本日のベストスピーカーは、TM.T.M.、

ベスト論評者とベスト宅飲みスピーカーはTM R.T.でした。

おめでとうございます。

オンライン例会、初めてでしたが、参加者も多いながらも全員参加で楽しくできました。

大変な状況下ですが工夫をして、こんな感じで前向きに続けられるといいですね。

ちなみに、オンライン例会閉会後も反省会といいつつ、しばらくワイワイとネットでの雑談は

続いていたのでした。。

Written by K.S.

 

MEETING REPORT Feb 12th, 2020

[English Session]
English Session started on time at 19:00, by the Gabel of our President, TM AT.
President AT introduced today’s guest, and introduced TMOE, TM RT.
TMOE RT started English Session very warmly.
At first, helpers introduced their roles;
Word of the evening “ADORE” was introduced by TM KS, followed by the introduction of Timer by TM AO, Vote Counter by TM KS, GRAHCO by TM MA, and Meeting Reporter by TM RK.
Next, one of the most exciting session, Prepared Speech Session has started.
Prepared Speech #1
Competent Communication Manual #8 “Get Comfortable with Visual Aids”
Title: “How to Take Photos ~ for Beginners ~” by TM AT (Time: 7’30”)
This project is to practice using visual aids effectively while making speeches/presentations. 
TM AT talked about 3 tips for beginners to take nice pictures; “boke”, “brightness” and “color temperature”. She showed us nice pictures she took, and we could feel that it is not too difficult to take better pictures in our daily lives.
Evaluation by TM NK (Time: 2’57”)
TM AT’s explanation was very easy to understand and we felt like we can take good photos. To make this speech more effective, it would be great if the photos on the slides were much more bigger, and adjust background colors based on the atmosphere of each photo.
Prepared Speech #2
Pathways: Persuasive Influence: Level 2 #2 “Active Listening”
Title: “Hey, Mr./Ms. President!” By TM NH (Time: 7’30”)
This project includes handling a Table Topics Session in the speech. TM NH suggested to make a new Toastmasters Club “Tokyo International Doggies and Kitties TMC”, and held “Club President Elections”. TM NH appointed 3 “candidates” and let them to make election speeches.
Special Version of Table Topics Session
Q1 What is one original rule of this club?: TM TH “Let’s bring our dogs/cats to the meeting!”
Q2 How do we get new members?: TM MA “Welcome guests with nice foods!”
Q3 What is your passion to dogs and cats? TM TK “Prepare toys for animals!”
The result will be announced at the end of the meeting.
Evaluation by TM RK (Time: 3’10”)
Topic was interesting. Organizing Table Topics Session within 7 minutes is almost impossible, but TM NH handled this session with 3 speakers very well. Great time management. It would be greater if TM NH commented on each speech, not only summarizing what the speaker had said.
General Evaluation by TM TH
Both of the speech evaluators were commenting on details of each Prepared Speech, with timely topics.
[日本語セッション]
後半の日本語セッションはTMOE RTさんの声がけにより時間通りに開始されました。
KSさんによる今夜の言葉「焦がれる」に続き、それぞれの役割担当者が紹介されました。
計時係はNKさん、集計係はKSさん、GRAHCONHさん、例会レポート係はRKでした。
準備スピーチ#1
コンテストスピーチ
タイトル「リターンマッチ」by HSさん(時間:7’30”
エリアコンテストで実施するスピーチのリハーサルでした。ご自身の学生時代のご経験から大人になった今へと続くエピソードを、HYさんならではの独創的で暖かい口調で話されていました。
論評者:MAさん(時間:3’16”
Toastmastersのコンテスト審査基準に沿った論評でした。YHさんがスピーチ中に使う表現は、愛のある美しい言葉が多く、感銘を受けました。
準備スピーチ#2
コンテストスピーチ
タイトル「メメントモリ」by KAさん(時間:7’30”
こちらもエリアコンテストで実施するスピーチのリハーサルでした。大学時代に出会った言葉のエピソードから、時間を経て学んだ教訓について、静かでありながら情熱的な語り口でお話しくださいました。
論評者:AOさん(時間:3’20”
本番も今回のように!タイトルの「メメントモリ」含め、カタカナ語が多く登場するので、カタカナ語のところは意識してはっきり話すと聴衆に伝わりやすいと思います。
総合論評 THさん
お二人のスピーチを聴くのは2回目なので、感動は半減(笑)しかし、お二人ともパワーアップしていました。論評のお二人も、細かな所に気を配って論評されていたのが良いと思いました。
表彰
・ベストスピーカー/Best SpeakerNHさん
・ベストテーブルトピックス/Best Table Topics (President of the new TMC!?)THさん
・ベスト論評/Best EvaluatorAOさん

MEETING REPORT Jan 8th, 2020

  • <English Club Contest>
    We held a club contest of speech! 3 English speakers and 3 Japanese speakers
    tried it!
    Contest Chair of English was TM N.H, Chief Judge of English was TM J.S.
    Unusually, before opening, Judges and the other sta&s hold a briefing and
    confirmed about the rules and roles. Also, we had 4 guests (Ms. S, Mr. U, TM Y,
    TM K)
    The first half was the English part.
    But I’m sorry to say I can’t report the themes and details of today’s speeches
    because the winner will try coming upper area contest. So I’ll report a little.
    TM H.Y had a speech about his re-try of something and her daughter’s. It was
    full of his sincere mind. It was so suitable for a new year’s speech as her new
    challenge.
    TM A.O had a speech about anger control. He showed his experience of anger
    so humorously. He analyses the di6culty of anger control and suggests how to
    go along with it.
    TM R.K had a speech about cherishing words from her English private teacher.
    And she brought something important for the audience with her passionate
    speech.
    During Tally counting, TM A.T interviewed to each speaker humorously and
    asked them why this theme. They all answered it with their career of TMC.
    In judging by the judges, TM R.K is going to try the next area contest.
    4 guests came and each of them told they enjoyed tonight. We’re all waiting for your next visit. And special thanks to TM M
    and TM K for helping our contest as a sta&, and brought us some gift!
    <日本語クラブスピーチコンテスト>
    日本語コンテストは、コンテストチェア K.K、審査委員長 T.H のもと、名のコンテスタントが出場し
    ました。緊張感漂う中、くじ引きの順序に従い以下の通りスピーチが発表されていきました。
    (1)TM H.Y
    英語・日本語両方のコンテストに、同じタイトルの作品で臨んだ TM H.Y。英語では娘さんのことを
    語っていたのに対し、日本語では視点を変えて自分のことについてスピーチされました。仕事におけ

    る苦悩が共有され聴衆の共感を呼ぶとともに、TM H.Y の仕事にかけた闘志を感じる作品となっていました。

    (2)TM A.O
    こちらも英語・日本語両方のコンテストに臨んだ TM A.O でしたが、英語スピーチは趣味から着想
    を得ていたのに対し、日本語はプロフェッショナルな、専門性の高い内容となっていました。ある事
    象に対してその原因、「why」を突き詰めて考えることの重要性を示した、聴衆にも学びを与えるス
    ピーチでした。
    (3)TM K.A
    大学時代の同じサークルの女性の座右の銘を、自身の人生や経験と結び付けて語った TM K.A
    得意のユーモラスな要素は取り入れつつ、TM K.A の価値観や人生観が垣間見られた、聴衆にも
    問いを投げかけるようなスピーチでした。スピーチの締めには、新年最初のスピーチらしい、決意が
    述べられていました。
    審査員による審査の結果、TM K.A が1位となり、次のエリアコンテストに進むこととなりました。
    コンテスト全体を振り返ると、新年最初の例会のため出席者が普段より少ない中での開催となり
    ましたが、チェア、審査員、ヘルパー、コンテスタント、そしてゲストも含めた全員で協力し合いながら
    運営を進め、無事に予定時間通り終えることができました。
     コンテスタントの皆様、素晴らしいスピーチと勇気ある挑戦を、ありがとうございました!
    unnamed.jpg
  • unnamed (1).jpg

MEETING REPORT Dec 25th, 2019

[日本語セッション] 

予定通り20:10TMOE BMの掛け声により日本語セッションが開始された。和やかで規律正しい例会ではあるが、クリスマス特例で頬を赤くしている会員も多く、皆 饒舌になって来たように見えました。

次に、今夜の言葉「悲喜交々」がTM RTさんより提示されました。今年を振り返りぎっくり腰となった事など色んな事柄をほっこりとさせる口調で話してくれました。

  • 準備スピーチ#1

Pathways: Innovative Planning, Level 3 “Connect with Storytelling”

タイトル 「ロープとローーープ」 ...by TM AO  (Time 7’30”)

-今回はマジックをするためにスピーチを始めたというTM AOの真骨頂であるロープを使ったマジックを披露しながら、言葉巧みに聴衆を引き込みTITMCへ入会した経緯や過去のミーティングでの愉快な出来事などを披露された。聴衆も大爆笑で、和気あいあいの特別例会の雰囲気を盛り上げていた。使用時間のコントロールも上手で、紙マジックも最後に挿入していた。

論評者(Evaluator) by TM KK  (Time 3’13”)

このスピーチに対し、論表が「可能」なのか? はたまた、論評が「必要」なのか?と思えるほど、マジックとスピーチが一体となった素晴らしいものであった。

又、TMOEの話に繋げて話題を展開し、BGMを上手に使い空間を支配していた。タイトルも内容にピッタリで上手に利用していた点を評価。最後に、マジックの時間に、もう少しタイミングを取って話しかけるようにする事を勧めた。

  • テーブル・トピック 特別セッショ by TM NK

-今回は年末の風物詩ともなっているアメ横の店員の如く、「売込みスピーチ」を行う事となった。 尚、売り込む物は本日の会場にある物に限定となった。

選ばれたスピーカー及び売込み商品は次の通りとなった。

TM TM(マジックに使われたロープ)TM SE(会場で飲まれたスパークリング・ワイン)

Guest K(筆記具として使われたピンク色のペン)

-各スピーカーは、上気した雰囲気の中で各製品の特長や効用などを述べ立て、聴衆の暖かな喝采を受けていた。

  • 総合論評 by TM NK

-本日は特別Eventとなり、Prepared Speechが二本であったが、其の他Table Topics等で大いに盛り上がり 皆で楽しめたに謝意。Table Topicは時事ネタを上手に使う事で

スピーカーの方々も発言し易くなると。又、本日のTMOE BMが日本語を含め、非常にスムーズな司会をされたと指摘あった。

  • 表彰 :

ベスト評論者 ...TM KK

ベストスピーカー...TM RK及びTM AO(同率)

ベストTable Speaker...TM SE

和やかな2019年最後のクリスマス例会は 21:00に閉会となった。

(出席会員は11名、ゲスト2名の合計13名であった。)